初心者ブロガーにおススメ!

2006年03月28日

灼眼のシャナ第24話「紅蓮の想い」

今日は朝起きるのがちょっと
つらかった。もう少しで学校が
はじまるので体内時計をコントロ
ールしなければ・・・いつまでも
12時ごろ起きるのはまずいだろう・・・


はぁ〜ついにアニメの灼眼のシャナも
最終回になりました。このアニメだけ
なぜかBIGLOBEで見れたのでアニメの
感想も気合が入ったものです。


原作も今のところ全巻持っている小説
そしてアニメと楽しませてもらいました。
小説と大体、同じような展開を見せつつ
最後はまったく違う展開になり驚いた。


教授が一番おもしろい徒だったな。
その前ではオルゴン、ウィネあたりもなか
なかおもしろかったが教授に比べれば
月とスッポンくらいの差だったな・・・


教授、結局はなにがしたかったのが
分からなかったな・・・存在の力の飽和
状態が気に入っていたみたいだが分からない
から実験するそして結果自分が死ぬかもしれない
ということを忘れるやつですからね。


そしてフレイムヘイズと三本柱の戦いは
マージョリーさんとシュドナイ以外は
苦戦してたな・・・ヴィルヘルミナと
ベルペオルこっちは終始ベルペオルが
優勢こんなに強かったとは・・・
そしてラスボス、へカテー存在の力を
膨大に所持しているためか最初のほうは
無敵じゃなかったか?


結局、悠二に自分の記憶で満たしている
だけでそれは自分の想いではないとか
言われ痛いところをつかれ暴走そして
悠二が捕らわれていた機械をシャナが
壊して悠二復活!!そして吸血剣で
悠二が完全に存在の泉を作る装置を
破壊する。悠二も宝具を使うことがで
きるぐらいまで成長したのか・・・


結局、へカテーの暴走でシュドナイが
守るため戦闘を中断そしてベルペオルも
潮時と撤退して教授も脱出装置で逃げる。
ヴィルヘルミナ放心状態だったがマージョリー
さんに助けられる。


そして町にあふれた存在の力を消費するため
アラストールの顕現させる天破壌砕を使い
町は無事だった。へカテーはシュドナイが
守ったそしてシュドナイがやさしく声をかける。
他の面子もほとんど無事だったな。シャナは
ついに悠二に好きといえるくらい成長したな。


そして目を覚ますシャナの隣には悠二がいた。
何気に悠二の持っている日よけの指輪だっけ
あの宝具かなりすごくないかと思った。そして
いつものシャナと悠二に戻っていましたね。


そしてEDそこにはいつもの風景が佐藤家で
酒を飲むマージョリーさん、悠二とシャナを
送り出す千草さんとその隣にヴィルヘルミナが
いた!そして学校では久々に登場した池が
勝負するかもと意味深な発言そして吉田さんと
シャナは二回戦に突入宣言!!


そして映画製作決定ですか。小説から始まって
映画化までするとは結構、希少なケースでは
ないだろうか。シャナがここまでの作品になる
とは小説の一巻読んでいたころにはまったく
思いませんでしたよ。イラストが気に入って
衝動買いした作品がここまでの作品になって
うれしいです。


人気blogランキングへ←クリックサンキュゥ♪(o ̄∇ ̄)/
posted by ヨシヒロシ at 14:52| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(47) | 灼眼のシャナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月21日

灼眼のシャナ第23話「星黎殿の戦い」

卒コンが今日の5時までやった・・・
まじチョー眠かった・・・酒は
あんまり飲まなかったが睡眠不足
になった。まあこれで卒業してしまう
4年生の先輩とは会う機会がほとんど
ないので最後まで起きていたが
家に帰ってお風呂入って寝るころは
7時になっていた。早起きの人とかの
起きる時間じゃ造ーか!!


でも起きてとりあえず腹が減ってなかった
のでシャナを見ました。いや〜もう終わっちゃ
うのか・・・最終回は時間が足りなそうだな。
まあ凝縮するでしょうけど・・・


先週は星黎殿に突入するまでですが今週は
主に星黎殿の中の戦いと御崎市の変化でした造。
星黎殿では教授の仕掛けと量産型ドミノが
いっぱいいましたな。しかも力を吸い取り
その奪った力でドミノを動かすとは教授アホ
だがバカではないんだよな〜実験バカですが。
エェクセレント!!が口癖でも今回戦う相手が
いないから逃げるのかな???


そして御崎市は・絶してるから影響はないんだ
ろうけどどこもボコボコに壊れ損めました造。
そしてマージョリーさんやっぱり戻ってきた!!
佐藤、田中うれしそうそして星黎殿に突入して
教授の仕掛けあっさり破壊!


そしてシュドナイ、ベルペリオルが出多シュドナイ
は戦った姿があったがベルペオルは小説でも
戦ったようなことが書かれていなかったのでなんか
楽しみ。鎖を使っていたけど頭を使った戦い方を
しそうなのでどんな自在法を使うのかが楽しみだな。


そして今だ戦闘能力が分からないのがヘカテー
強いとは思うけどどう見ても戦闘向きでは
ないよな??


シャナはフレイムヘイズとして使命を果たし
シャナとして悠・を助けると言った。そして
悠・は記憶を遡りながらシャナをただのフレイム
ヘイズではなくしたのは自分だと気付き今までの
自分はシャナをただのフレイムヘイズとしてしか
見ていなかったことにやっと気付いた。


来週で最終回か・・・長かったようで終わりが
来週だと思うと短かったな〜って思います。


人気blogランキングへ蔵クリックサンキュゥ♪(o ̄∇ ̄)/
posted by ヨシヒロシ at 18:54| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(27) | 灼眼のシャナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月14日

灼眼のシャナ第22話「揺らぐ炎」

本日二度目の更新です。
いささか本を読みすぎていたため
感想書けないでいるため
がんばって更新しちゃいます!!


シャナもさっき見ましたがアニメ
オリジナルの展開でいい感じです。
それぞれが現実というのを見ている
って感じか???


ヴィルヘルミナはフレイムヘイズと
して育てたシャナになぜと疑問を
佐藤と田中は悠二を助けたいが自分
たちでは何にもできないということを
認め、吉田さんはどうしょうもない
悠二との距離を感じシャナが近いと
言うことに悔しいと言っていました。


そして悠二もまたシャナが自分を
かばったことに気付きます。そして
どうしてと疑問を感じてました。


そしてヘカテーの頂の座という二つ名
がどうしてついているのかとかいうのも
なんとなくそういうことかと感じた。
器を共有して奪うまたは同化できるのでは
と私は思っているがはたして・・・


クライマックスが近づいてきたって
感じだったな〜マージョリーさんも
御崎市にまだいるみたいだしどうなる??


そして吉田さん、佐藤、田中は平井ゆかり
として悠二を助けてほしいと言う。
アラストールも自分を信じろみたいな
セリフを言うし今後の展開が楽しみだ。


バルマスケの中もいろいろあるみたいだな。
シュドナイはヘカテーが無事なら望みが
叶うならよしみたいだがベルペオレは
いったいなにを考えているか?そして
教授もなにを考えているのかまったく
分かりません。存在の泉というのが
ストーリーのカギでしょうけど。


人気blogランキングへ←クリックサンキュゥ♪(o ̄∇ ̄)/
posted by ヨシヒロシ at 19:19| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(29) | 灼眼のシャナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月07日

灼眼のシャナ第21話「遠ざかる想い」

今日はなぜか昨日眠れず4時
に寝て10時くらい一時目覚めて
また寝てそして再度目覚めたとき
すでに1時30分であった・・・


昨日練馬大根を見て即効寝ようとしたが
なかなか眠れずしょうがなくACEアナザー
センチュリーをやっていた。もうすぐ
2が出るのでまあ予習のつもりだ。まだ
全機体出してなかったし・・・


しかし灼眼のシャナ展開が小説とは
まったく違った展開に見事になりましたね。
原作の話にそった感じで微妙な違いが
ついに化けたって感じですね。


フレイムヘイズとして零時迷子であるミステス
坂井悠二を破壊しようとするヴィルヘルミナ
そしてそれを助けるシャナ原作と同じ展開だが
シリアス差っていうのかそういうのが段違い
に感じた。


アラストールの機転により事なきを得ますが
ミステスとフレイムヘイズこの立場が二人の
気持ちにすれ違いが生じている。


悠二はシャナにとって自分は道具ミステスで
しかないと思い込んでいる。シャナは悠二が
出て行くといったとき吉田さんを守るためだと
思っているから賛同できないだと思う。


そして悠二、吉田さん、佐藤と田中たちの
奇妙な集まりの中で悠二が町を出て行くこと
をみんなに伝える。そしてそれに感心し
共に町を出て行くという佐藤と田中しかし
田中は町に未練があるみたいだ。


でもそれって佐藤と田中はマージョリーさん
を追いたいだけって感じがぷんぷんしますね。
浅はかすぎる考えですよね。吉田さんは吉田さん
で悠二と近づいたと思ったけどまた遠くに
感じている。彼女は人間の坂井悠二が好きだった。
がいまの彼は違うそこに距離を感じだのか??
シャナの対抗意識だけでここまでこれたが現実
が彼女に迷いを誘っているのか。


そしてミサゴ祭りの後片付けで悠二の指摘した
鳥の残骸これを焼却しているとき自在法が
出現してベルぺオルとかシュドナイなど
徒出現してあっさり悠二強奪!!


そして強奪される前に破壊しようとした
ヴィルヘルミナだがシャナが身をていして
守ったため失敗に終わる。シャナ自身どうして
いいか分からなかったようだ。そしてそれを
見た悠二たちの心境の変化に注目したい!!


フレイムヘイズは人間なんてどうでもいいと
言っていた佐藤、身をていしても悠二を守った
シャナを見た吉田さん、そしてフレイムヘイズ
として育てたヴィルヘルミナ次週が気になります。


人気blogランキングへ←クリックサンキュゥ♪(o ̄∇ ̄)/
posted by ヨシヒロシ at 15:13| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(35) | 灼眼のシャナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月21日

灼眼のシャナ第19話「戦いの中で」

なんか今週のシャナはあっさりと
終わってしまったな・・・小説より
ハイペースなのは分かるが19話ほど
早い展開はなかったと思う。


まあでもまだ教授の出番はあるみたい
だしいいか。あいかわらずキテレツ
だったがおもしろかった。相棒の
ドミノも声があってる感じがして
よかった。


最終的にはカムシンの作った巨人に
やられますが逃げ延びるだけなら
天才らしく期待を裏切らない逃げ方
でした。


そして佐藤と悠二こいつらの会話は
よかったと思う。悠二は死んだことを
話それをすごいという佐藤そこに憧れ
があるのかはまだ分からないが
そして最後は自分のやるべき場所に
行くこの流れがよかった。


そしてシャナと吉田さんはまあ普通だった。
しかし心の中ではどちらも互いを羨んでいた
のではないか。


そうしてフレイムヘイズ同士が合流する。
そのちょっと前に悠二はカムシンに会い
吉田さんを巻き込んだことを怒りますが
そこはカムシン冷静に誤ります。
だてに長年生きているわけではないようだ。
しかし少年の格好したやつにじじいって
言うのはちょっと気が引けるような・・・


しかし勝負はあっけなかったな〜ドミノ
変形させたはいいが意味があったのか???
教授も飛行船で虚をつきますが結局ドミノと
合体した意味がなく早々に敗退とは・・・
まあ本来の目的はできたようだが・・・


最後は無事カムシンと吉田さんのおかげで
調律が行われて歪みが直ったみたいだが
シャナは悠二が自分についてこないと思い
走り出し転んでその目の前に再登場
ヴィルヘルミナこんなにはやく登場するとは・・・


悠二は人間と吉田さんに言われたことが
うれしかったようだ。がしかしミステスで
あることも変わらない。人間のように
機能できるだけの宝具ともいうべきか。
そんな現実もあるのだけれどもこれから
約束の二人の片割れはアニメで登場するのかな???


だんだん原作と違ってきましたね。吉田さんに
正体がばれたとき原作だと最後はシャナが「うそつき」
といって悠二を言い負かすはずだったが・・・


人気blogランキングへ←クリックサンキュゥ♪(o ̄∇ ̄)/


posted by ヨシヒロシ at 18:04| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(44) | 灼眼のシャナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月17日

灼眼のシャナ第18話「砕ける願い」

今週、集中講座とかで忙しかった
ためなんか忘れていると思ったが
シャナ見るのを忘れていた・・・
しかも昨日更新しようとしたら
ブログサービスがメンテナンスとかで
使えなかった・・・


ミサゴ祭りついに来た。祭りを前に
悠二とシャナはそれぞれの思惑が
ありどうやら楽しそうだった。


佐藤、田中はマージョリーさんと
ともに旅するために体を鍛えているし
まあそんなことしても吸血剣は使え
ないんだけど・・・


しかしほとんどのキャラが祭りでは
浴衣でしたね。今の祭りに浴衣を
着ている人は珍しいのに・・・


フレイムヘイズの浴衣姿は似合ってたな。
マージョリーさんは佐藤と田中を引き連れ
シャナは千草さんと一緒に祭りに来ていた。
そしてマージョリーさんと一緒にいる田中を
発見するオガちゃん。


そして吉田さんと悠二は一緒にいたが悠二だけ
登場キャラのなかで唯一、制服だった・・・
そして吉田さんも悠二をトーチかどうか調べる
か迷っていたがりんご飴を渡そうとしたとき
悠二がトーチであったと知ってしまいその場を
離れてしまう。


そしてタイミングよくシャナが登場する。同時に
教授登場!!声があってますね。そしてその変化
に気付くフレイムヘイズたちだがいまだに教授たち
を発見できない模様・・・


そして佐藤は悠二に助けられミステスだあるかとが
ばれる。吉田さんにもシャナがフレイムヘイズで
あるということがばれた。


そしてさりげなくオガちゃんが田中に告白したし。
いや〜授業が朝っぱらからあるといろんなこと
忘れてしまいますね・・・


人気blogランキングへ←クリックサンキュゥ♪(o ̄∇ ̄)/
posted by ヨシヒロシ at 13:35| 東京 🌁| Comment(1) | TrackBack(5) | 灼眼のシャナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月06日

灼眼のシャナ第17話「新たなる序章」

これが今日最後の更新になります。
シャナだけはスキー行く前に見ておき
たかったししかしとても疲れた・・・


シャナついにカムシンが登場しましたね。
なんか最初の登場シーンはとてつもなく
怪しかったが吉田さんと会ったときも
かなり怪しい・・・


そろそろみんなの想いが徐々に絡み合って
きてますね。シャナ、吉田さん、池、悠二
この四人はどうなるのか?シャナは料理を
千草さんにならうし、吉田さんはミサゴ祭りに
悠二を誘うし。


池はプールのときなぜ眼鏡をはずさないのか?
と思っていたがちゃんと考えているみたいですね。
まだ吉田さんが好きかよく分からないみたいですし。
悠二も人間じゃないと知っているから自分の気持ち
が分からないのでしょう。


悠二と池はそれでもいい友人関係なようです。
池がよくできているからか??悠二はまったく
いいとこなしです。


悠二の鍛錬はどうしてかアラストールと
二人だけでランニングしかし悠二には
真剣身がなかったなあれは・・・
夜の鍛錬もいまいちぱっとしないし・・・
自分の立場をいまいち理解してないようだ。


そして吉田さんもカムシンによって本当の
現実を知ることになり悠二のことで頭が
いっぱいみたいだ。そして真実を知ったとき
どうなるのか?そこらへんが次回の見どころだ。


佐藤、田中はマージョリーさんについていく
ことしか考えていないようだ。だから田中は
オガちゃんの好意に気が付かないだ!!


そしてオープニングもやっとかわりましたね。
結構前からそんな話があったがやっとかと
いった感じだ。


それとヴィルヘルミナが出てきたということは
シャナと再会するのか。そして小説どうりの
展開になるのか???ここんとこも見逃せない。


それにしてもスキー初心者だが今回で滑れるように
なるかな???来年はスノボーしたいしスキーを
ぱぱっとマスターしたいな〜それとこれから
最低でも3日は更新できません・・・
ということを宣言します。


人気blogランキングへ←クリックサンキュゥ♪(o ̄∇ ̄)/
posted by ヨシヒロシ at 18:01| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(13) | 灼眼のシャナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

灼眼のシャナ第17話「新たなる序章」

これが今日最後の更新になります。
シャナだけはスキー行く前に見ておき
たかったししかしとても疲れた・・・


シャナついにカムシンが登場しましたね。
なんか最初の登場シーンはとてつもなく
怪しかったが吉田さんと会ったときも
かなり怪しい・・・


そろそろみんなの想いが徐々に絡み合って
きてますね。シャナ、吉田さん、池、悠二
この四人はどうなるのか?シャナは料理を
千草さんにならうし、吉田さんはミサゴ祭りに
悠二を誘うし。


池はプールのときなぜ眼鏡をはずさないのか?
と思っていたがちゃんと考えているみたいですね。
まだ吉田さんが好きかよく分からないみたいですし。
悠二も人間じゃないと知っているから自分の気持ち
が分からないのでしょう。


悠二と池はそれでもいい友人関係なようです。
池がよくできているからか??悠二はまったく
いいとこなしです。


悠二の鍛錬はどうしてかアラストールと
二人だけでランニングしかし悠二には
真剣身がなかったなあれは・・・
夜の鍛錬もいまいちぱっとしないし・・・
自分の立場をいまいち理解してないようだ。


そして吉田さんもカムシンによって本当の
現実を知ることになり悠二のことで頭が
いっぱいみたいだ。そして真実を知ったとき
どうなるのか?そこらへんが次回の見どころだ。


佐藤、田中はマージョリーさんについていく
ことしか考えていないようだ。だから田中は
オガちゃんの好意に気が付かないだ!!


そしてオープニングもやっとかわりましたね。
結構前からそんな話があったがやっとかと
いった感じだ。


それとヴィルヘルミナが出てきたということは
シャナと再会するのか。そして小説どうりの
展開になるのか???ここんとこも見逃せない。


それにしてもスキー初心者だが今回で滑れるように
なるかな???来年はスノボーしたいしスキーを
ぱぱっとマスターしたいな〜それとこれから
最低でも3日は更新できません・・・
ということを宣言します。


人気blogランキングへ←クリックサンキュゥ♪(o ̄∇ ̄)/
posted by ヨシヒロシ at 17:41| 東京 ☁| Comment(1) | TrackBack(17) | 灼眼のシャナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月01日

灼眼のシャナ第16話「炎髪灼眼の討ち手」

昨日、一昨日はテスト、新年会
などでとても忙しかったので
とても更新できる状況ではなかった
のですが今日からまた更新していきます。


シャナもついに過去編が終了して
しまった。もっとゆっくりと話を
進めたほうがいい気がしますが原作
読んでいるのでまあ話自体は
分かりますが多少違和感があります。


ヴィルヘルミナとオルゴンの戦いは
戦いではなかったみたいだ。
ヴィルヘルミナがメリヒムの腕を試す
ために残しておいたいったところ。


メリヒムとオルゴンの戦いは戦いでは
なかった。圧倒的な攻撃力による殲滅
といったところか。そうしてメリヒム
ヴィルヘルミナ、アラストールのこの
環境になった経緯が説明されます。


先代炎髪灼眼マティルダとの約束が
今のこの環境を作り出した。先の大戦で
死を覚悟した彼女は次の炎髪灼眼の討ち手
を育ててほしいと言ってそのためにだけ
の関係でした。


そしてシャナは天目一個とフレイムヘイズ
としてはじめて戦闘をします。フレイムヘイズ
になったことで戦闘力が向上しているためか
天目一個と互角に戦っている。そして
倒して刀を受け取ります。


その後、最後の試練としてシロと戦う。
シロは紅世の王メリヒムであるそして
シャナはフレイムヘイズであるということは
倒さなければならないそして戦いが
はじまった。


メリヒムはシャナに戦闘だけでなく徒と
戦うということを教えながら最後は
笑顔で倒されました。


そうしてもうひとりの育ての親でもある
ヴィルヘルミナとも別れます。最後に
抱き合う二人は本当の家族みたいでした。


人気blogランキングへ←クリックサンキュゥ♪(o ̄∇ ̄)/
posted by ヨシヒロシ at 15:38| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | 灼眼のシャナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月24日

灼眼のシャナ第15話「炎の生まれた日」

ついに今週でシャナがフレイムヘイズ
になりました。もうちょっと話が
進むと思ったがまあしょうがないか・・・


シロの虹天剣が炸裂して天道宮が
あらわれウィネも天道宮にたどり着く。
そしてヴィルヘルミナも帰還し
天目一個も到着しなんだかんだで
大混乱になる。


ウィネの態度の変化に笑えた。最初こそ
運は向いているとか言っててヴィルヘルミナ
が帰還してシャナをつれていかれるのを
防ごうとするがシロに妨害されそのシロは
あっさり天目一個にばっさりと切り捨てられて
この世の絶望したかのような叫び声を
あげて最終的に勝負の邪魔になるというだけで
一刀両断ザコキャラの最期はこんなもんか・・・


ヴィルヘルミナは自分がフレイムヘイズで
あるという秘密を話した彼女はアラストールに
シャナが胸のうちに隠していることを
話してあげてほしいという。


そしてアラストールと契約する前に
アラストールから話はじめた。使命の
ために己を犠牲にしなければならない
天破壌砕の話をし先代炎髪灼眼のことを
間接的教え、シャナも正直に胸のうちに
秘めたことを話をし契約開始


契約自体のシーンは早かったが
契約して胸にコキュートスをつけ
灼眼と炎髪がでてくるシーンよかった。


しかしヴィルヘルミナの神器ペルソナは
なんとも微妙なデザインでは・・・とか
思っちゃった。


過去編も来週でラストみたいだな・・・
ここまで見たら先代炎髪灼眼マティルダ・
サントメールの話が見たくなってしまう。
でも小説で10巻あたりの話だから難しいか・・・
来月には12巻も発売するし楽しみだ。


人気blogランキングへ←クリックサンキュゥ♪(o ̄∇ ̄)/
posted by ヨシヒロシ at 16:52| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(33) | 灼眼のシャナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月17日

灼眼のシャナ第14話「偉大なる者」

今週のシャナは待ちに待った
過去編でした。ホラーマンの
シロそしてメイドのヴィルヘルミナ
とっても個性的な新キャラに
加えて徒のなかで一番の小物だと
思うウィネそしてプライド高い
オルゴン最後には最悪のミステス
天目一個も登場!!


序盤は吉田さんとの言い合いから
始まりそして悠二とシャナが
一緒にメロンパンを食べることから
悠二が彼女のことを知っているのは
フレイムヘイズであるということと
メロンパンが好きなだけということ
だと気付いて過去編スタート!!


過去編ではさっそくシロと格闘戦
シャナの服装がチャイナ服だったのは
もちろんヴィルヘルミナが買ってきたため
である。ヴィルヘルミナもシャナの
文句を聞いているが理由がやっぱ間違っている。
どう見ても映画の話でしょ・・・
なんかずれてるんですよね彼女は・・・
語尾にあります。つけるし・・・



でも厳しいように見えてシャナのことを
大切に思っているところがもろ分かり
なんですよね。お土産のメロンパンを
買うか買わないかで迷っているところを
見てしまうと・・・


そのころ徒のウィネはシャナたちがいる
天道宮を探していた。小説どうり雑魚キャラ
っぽさがあります。そして行動も
あっさりオルゴンが出現したとたん心の
声と実際言ってる言葉が違うし・・・
いつもへこへこしてそうな感じだ。


そしてオルゴンとヴィルヘルミナが
出会う。オルゴンはレギオンという能力で
千政令の名前どうり多くの兵作り上げそれを
戦わせることができるようだ。


一方そのころシャナはシロに対しての
対策を練っていた。そうして思いついたのは
なんとも古典的な落とし穴であった。
しかしこのなかにケチャップを混ぜて
あったことから自体が急変する。


シロが暴走して天道宮の迷彩を解いてしまう。
このシーンは絶対小説で見たほうがいいと
思う。なぜシロがああなったのが少しは
分かると思います。


天目一個も最後に登場したし来週はシャナが
フレイムヘイズになった日だな。来週も
楽しみだ。


人気blogランキングへ←クリックサンキュゥ♪(o ̄∇ ̄)/




posted by ヨシヒロシ at 12:06| 東京 🌁| Comment(1) | TrackBack(38) | 灼眼のシャナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月10日

灼眼のシャナ第13話「校舎裏の宣戦布告」

今回のシャナは小説とアニメの
違いというものがあったな〜
とにかくかなり省略された感じが
したがまあ話自体はほとんど
似ているので私的には問題なし!!


そして今週で愛染兄妹がついに
討滅される。たった二話しか出ていないが
強烈だった敵だった。この作品は
とにかく敵に強烈な存在感を思わせる
のだ。


序盤シャナ大ピンチ!!罠にはまって
つかまり愛刀をソラトに奪われる。
一方、悠二はマージョリーと合流する。


そしてここで悠二の意外な能力が
披露されることになる。それはピニオンの
位置を正確につかむことができることだ。
マージョリーいわくそれは特別らしい。


シャナピンチと思っていたが劇的に
脱出&反撃!!小説読んでいる人は
分かるがソラトはシャナが持っている刀が
炎の剣と勘違いしていたがそれは
フレイムヘイズ本来の力を使っているから
使えるのであってあの刀自身がああいう
能力があると思っていた愛染兄妹は
まんまとだまされていたのだ。


そして千変シュドナイの本来の姿は
やっぱりイメージどうりキメラだった。
まああれほど大きいとは思わなかったが・・・
せいぜい大きくてライオン程度に思って
いたが良く考えればそんな大きさじゃ
強いはずないよね・・・


悠二も原作ならもっとかっこいいシーン
があったのに残念!!まあそこそこ
役に立っていたしシャナからご褒美貰えた
からいいか。


マージョリーさんもマルコシアスの
後押しがあり以前の強さを取り戻してたし
このコンビやっぱボケとツッコミの
関係がしっかりと確立してるよね。


愛染兄妹の最期はなんというか欲望に
忠実に生きて散ったって感じかな??
ソラトは贄殿遮那を追い求めてそして
ティリエルはその兄の望みを叶える
ためだけに行動した。ある意味で純粋
ではないだろうか。


そして最期はシャナにとって最大の
敵になった吉田さんとの口論ですか。
最期にシャナにとって悠二とはなにか彼女は
考えていますね。


次回はついに過去編です。かなりここ
らへんの話は気に入っているので
楽しみ!!


人気blogランキングへ←クリックサンキュゥ♪(o ̄∇ ̄)/


posted by ヨシヒロシ at 21:52| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(30) | 灼眼のシャナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月28日

灼眼のシャナ第12話「ゆりかごに花は咲いて」

原作を忠実に再現しつつ物語が
進んでいる灼眼のシャナですが
ついに三巻のラストらへんのあたり
でシャナと吉田さん、それに池と
悠二の関係がおもしろくなるところ
です。


話はシャナがお気に入りの場所を
悠二に見せに行きます。このときも
悠二のへたれっぷりが見れます。


しかしその場面を吉田さんが
見てしまう。シャナが悠二と一緒に
いることが吉田さんには耐えられ
なかったみたいだ。


そして池も悠二に対してなにやら
考えがあるらしい。というか好き
なのだろう。だからはっきりしない
悠二に苛立ってしまいそのあげくに
吉田さんの涙を見てしまうことから
あんなことを・・・


みんなでお昼を食べているときに
池君が切り出します。なぜシャナと
一緒にいたのかと・・・まあ悠二と
シャナには普通の人には言えない
ことがあるため悠二も返答に困る。


吉田さんにとっては余計なおせっかい
だったためその場を飛び出してしまう。


そして池と悠二、シャナと吉田さん
それぞれが別々の場所で話をする。
池と悠二は悠二がお前でも失敗するんだなと
心配します池もそのことを認めるとは
こいつはすごいと思う。


そして吉田さんとシャナはついに
吉田さんがシャナに向けて宣戦布告を
します。そしてシャナは好きだということに
戸惑っていました。これはたぶん好きと
いう概念は知っているがどいうことか
理解できていないような感じだった。
だから言っちゃだめしか言えなかったの
だろう。


そしていいところで自在法が発動して
フレイムヘイズとして使命を果たさねば
ならなくなる。


そうして初対面する愛染兄妹とシャナ
おもに兄のソラトが戦闘をした。彼の持つ
剣の吸血剣は触れているだけで相手に
傷をおわす宝具つまり防ぐ手立てが
ないためよけるしかないという腕のたつ
ものが持つと大変驚異な武器になる。


そうして戦いは一進一退かややシャナが
おされ気味な展開になった。


そのころ悠二はなんとかシャナの役に
たとうとがんばっているが今のところは
出番なし。


最後はシャナが罠にかかって絶体絶命の
ところで終了。このあとも原作通りに
なるのかまたアニメのオリジナルの展開に
なるのか原作通りだと悠二にもかっこいい
場面が期待できるがどうなることか?


人気blogランキングへ←クリックサンキュゥ♪(o ̄∇ ̄)/
posted by ヨシヒロシ at 00:22| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(39) | 灼眼のシャナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月20日

灼眼のシャナ第11話「悠二とシャナとキス」

いや〜今週のシャナはよかった。
千草さん対アラストオルの
対決はやっぱりよかった。
千草さんがアラストールを
あらす、とおると勘違いしているのか
この人はすごいんだか分からない
ところもあるが今週はさすがでした。


「キス」についての意味を調べている
シャナがなんかとんでもなく勉強家だと
思った。何も図書館であんな膨大な量の
本で調べなくても・・・


田中も先週の佐藤同様なんとも損な役回り
だったな。吉田さんと一緒にいる悠二を
見て不機嫌なシャナにボールを当てるなんて・・・
まあ田中が悪いわけではないがそのあと
おもいっきしボールを当てられてダウン・・・
田中と佐藤のコンビは運が悪い!!


愛染兄妹はなんというか目立ちまくり
でしたね。しかもなにやら罠を張っている
模様でした。シュドナイは常識的な指摘を
していると思うのだが結局、言うだけで
あった。


愛染兄妹は逆にキスをしまくりでしたな。
シャナがキスで悩んでいるのに・・・
そしてマージョリーとも出会う。


そのとき佐藤、田中は買い物の荷物持ち
あいかわらずパシリから先にいけない
二人である。そしてシュドナイは
丁寧にも愛染兄妹に紹介しているけど
実はそれは余裕のあらわれで結局は
マージョリーから見れば見逃された
ようだ。


それにしても今週はいつにもなく
アラストールが目立っていたな
いつもはしゃべるペンダントなのに
アラストールの話し方はちょっと古風な
感じがした。いまどき奥方というのは
ないだろう・・・


来週はついに愛染兄妹と対決する模様
来週は非日常の世界になるみたいだが
なんか宣戦布告されるとかも
言っていたような・・・これはもしや
吉田さんか???


人気blogランキングへ←クリックサンキュゥ♪(o ̄∇ ̄)/



posted by ヨシヒロシ at 15:11| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(37) | 灼眼のシャナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月13日

灼眼のシャナ第10話「絡まる想い」

第10話でついにティリエルと
ソラト、シュナイドが登場!!
なかなかのペースで話が進んでいる。


今週はやっぱ何でもお見通しの
千草さんが大活躍でした。来週も
アラストールと話をするみたいだし
シャナと悠二に関してもっとも的確な
アドバイスを言うんですよね。


悠二しょっぱな情けない姿そして
自信喪失・・・コンビニでも
ボクシング雑誌を取ったりしてた
けどやっぱなんか抜けてる・・・


その後ついにやちゃった悠二・・・
先約のシャナの約束破って吉田さん
との委員会の仕事を約束してしまう
とは・・・ふった池君が悪いとも
いえるがあっさり同意してしまうとは・・・


シャナは千草さんと仲良く話をしていた
な〜なにかとシャナに分からないことを
そっと教えてあげたりといい感じでしたが
シャナはイライラしてたな。アニメの
オリジナルのあのリンネすっごくしつこかった。
シャナは悠二と吉田さんが一緒にいること自体
がイライラの最大の原因だったな。


吉田さんはシャナに対してかなりの
コンプレックスというか劣等感が
あるとみた。悠二と同じく完璧すぎる
シャナ(平井さん)にだから悠二との
仲もなかなか進展しない。


そして悠二と千草さんのやり取りは
よかった。なんでもお見通しのお母さん
ですよ千草さんは。役に立たないからだけ
で必要ではないわけではないみたいなこと
を言って悠二を後押しします。


そしてふらふら導かれるまま封絶の
なかに行く。そしてシャナと抱きあって
いましたよ。シャナに言われます。
「もっと強くなって」っとそして悠二は
「強くなるよ」と言います。ここ
いい場面でしたよ。


最後は愛染兄妹が登場!!まあ原作どうり
ソラト最初はぼこぼこにやられていたけれど
結局あの剣でばっさりそして兄妹でキス
それもあれはディープキスでは・・・
そしてシュナイドも登場!!原作よんで
初めて登場してたときあの有名な格ゲーの
あの居合いの達人とダブったをイメージしていた。


人気blogランキングへ←クリックサンキュゥ♪(o ̄∇ ̄)/
posted by ヨシヒロシ at 16:12| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(32) | 灼眼のシャナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月06日

灼眼のシャナ第9話「恋と欲望のプールサイド」

第九話にしてやっと非日常の
話から日常の話になりました。
しかもプールですよ。
今の季節が冬なのに夏の
話を見ることになるとは・・・


そういえば小説読んでいて
季節なんてまったく気に
していなかったから驚いた。


シャナと悠二が仲良くしていること
に嫉妬する吉田さんそして吉田さん
と仲良くする悠二に嫉妬する
シャナおもしろい


しかし今回、一番おもしろく
苦労したのは佐藤君です。
運悪く騎馬戦のパートナーが
シャナになり限界まで
こき使われてあげくに盛大に自爆・・・


池君も吉田さんのためいろいろ
暗躍して吉田さんと悠二を
一緒に弁当食べさせたのに
そしてクラスメートにプールの
招待券を渡したりとがんばっているが
最後はマージョリーさんに捕まり
枕になってるし・・・


千草さんとシャナいい感じですね。
これからアラストールと話をする
ことはあるのだろうか???見た感じ
まだそんなことはないようだが・・・


オガちゃんも田中を誘いをいれるが
かるく断られる。田中は結構
気にしていたが・・・結局はマージョリー
さんがプールに行ってオガちゃんとも
再会して騎馬戦のペアになれたから
オガちゃんとしてはよかったのかな〜


シャナも悠二以外の人と話を
するようになったきた。メロンパンも
幸せそうな顔で食ってたし、悠二に
罵声を浴びせ続けてた。


吉田さん悠二といっぱい話せる
シャナに嫉妬、しかし運がよく
騎馬戦では悠二とペアになれて
よかったっぽかった。しかし吉田さん
の胸でかすぎなような気がする。


マージョリーさんの水着大胆だったし
髪もすごかった。しかしプールにも
酒って置いてあるもんなのか???
いまいち想像つかない。焼きそばとか
フライドポテト、オレンジジュース
をいつもは連想するが・・・


人気blogランキングへ←クリックサンキュゥ♪(o ̄∇ ̄)/
posted by ヨシヒロシ at 16:39| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(45) | 灼眼のシャナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月29日

灼眼のシャナ第8話「麗しのゴブレット」 

第八話はフレイムヘイズ同士の
戦いでした。フレイムヘイズも
いろんな人がいるってこと
ですかね。目的が同じなのに
なぜ戦うのか???


戦いはフリアグネ戦と違って
宝具を使わなくフレイムヘイズの
純粋な力の勝負だったので
不満というのがなかった。


まあ悠二が持っていたアズュールも
宝具なのだがそれはまあおいといて
ほとんど原作どうりの戦いだと思った。
でも最後のマルコシアスの顕現が
原作では群青の狼の姿とされていたが
私には龍にも見えた。


ラミー戦闘能力がないといっても
結局最後は彼が一番被害が少なく
なんにもしていないのに一人だけ
おもしろいものを見ていたって
感じがした。


しかしこうしてみると原作の
二巻って結構おもしろかったんですね。
どうも印象が薄かったんですよ二巻は・・・


炎の翼2巻ですでに出ていたんですよね。
どこら辺から使えるか今まで気にしてなかった
から「おおそうだった」と思い出しながら
見れた。


シャナもこのときはじめて敵に
自分の名前シャナと堂々と誇らしげに
名乗ったところはよかった。


ほんと今回の戦闘は原作を忠実に
再現してた。それにマージョリーと
マルコシアスが契約するきっかけになった
こととかはやっぱ映像のほうが
いいですね。


マージョリーさんも負けましたが
最後には佐藤と田中が彼女を
探しに来ていてるところは原作と
違い本当はマージョリーはすでに
佐藤家で酒を飲んでてそれを佐藤と
田中が見つけるのだがそれよりは
アニメのほうがよかった。


そして原作と違うところでもうひとつ
吉田さんがシャナと悠二が一緒に
いるところを見て「たまたまだよ」と
いってるシーン次週は日常の話に
なりそうだ。


次週なんかプールにいってるし
次週が楽しみだ!!というか
今までほとんど出番のなかった
吉田さんに注目したい!!


人気blogランキングへ←クリックサンキュゥ♪(o ̄∇ ̄)/


posted by ヨシヒロシ at 15:39| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(27) | 灼眼のシャナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月22日

灼眼のシャナ第7話「二人のフレイムヘイズ」

今週のシャナはフリアグネ戦が
終わり一段落したあとの
つかぬまの休息の風景だった。


悠二の家では悠二がシャナから
特訓をうけていた。剣の訓練かと
思ったがシャナが持っていたもの
すっごく長かったような気がする。
というか木刀というよりこん棒と
言ってもいいくらい長かった・・・


そして悠二もシャナと供に戦う
ようになると決意した。悠二は
まだ分からないがシャナは惚れてる
っぽい。吉田さんとの恋のバトルが
早くみたい!!


そしてマージョリーはヤケ酒
シーンは笑えた。佐藤家のバーでは
毎回あのシーンが使われそうな予感
がする。それと二日酔いもすごそう
だった。


そしてマルコシアスとの漫才も
最高潮でした。そしてマージョリーの
過去も少しだけ描かれていた。
銀の炎を使う徒があんな感じだったとは・・・


その後屍拾いのラミーをあぶり出し
てきました。田中と佐藤を使い
首尾よくラミーを探し出します。


シャナもマージョリーがラミーを
探しだしたのを感じてラミーを
探し始める。そして悠二がここで
冴えた考えをだしシャナを驚かしてた。


原作とはちょっと違う展開で
スタートしていたがうまい具合に
話を持ってきていると思う。


というかラミーが逃げるのは
得意だが戦闘には向かないというのは
初めて知った。


アラストールと悠二も二人だけで
話をしたり、千草とシャナも話を
したりとシャナの交友関係も増えて
きた。悠二の家でお風呂にも
入ってたし・・・


次週はついにフレイムヘイズ同士
の対決がまたはじまる。今度は
シャナに迷いがないし悠二がまた
なにかひらめいて助けるとかあって
ほしいな〜


人気blogランキングへ←クリックサンキュゥ♪(o ̄∇ ̄)/



posted by ヨシヒロシ at 20:49| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(24) | 灼眼のシャナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月15日

灼眼のシャナ第6話「交錯・発動・対決」

第六話でフリアグネが
あっさり退場してしまうとは・・・
もう少し出番があっても
よかったのに・・・


敵のなかでフリアグネは
かなり気に入ってたキャラ
だったのでなんとも拍子抜け
である。


もう少し宝具の能力とかが
分かりやすい表現を
期待していたのに・・・


トりガーハッピーとか
使ってもいねーじゃん・・・


それにせっかく千草さんにも
あったのに何にもなしとは
まあ次回に持ち越しということ
なのかな???


でも悠二の決意ある行動とか
ラミーの助言とかは読むより
映像で見るほうが迫力が
あってよかったと思う。


最後のマージョリーの援護も
いい感じだった。


フリアグネは最初のほうこそ
優勢に戦っていたのに
途中でボケてあっけなく
やられたけどあれは悠二の
思わぬアドバイスと機転に
やられたのかな???


そして悠二存在が消える
のを覚悟するがミステスと
しての宝具零時迷子の
おかげで午前0時に存在の
力が戻るのでまだ彼に
未来はあるわけです。


でもデートの途中で抜けるのは
やっぱいけないよ。吉田さんの
扱いはやっぱ微妙だな。
これから出番が増えることを
祈ってよう。


そして次週はマージョリーとの
リベンジマッチのようだ。
すでに原作と同じように
佐藤家に居候のかまえだし・・・


人気blogランキングへ←クリックサンキュゥ♪(o ̄∇ ̄)/
posted by ヨシヒロシ at 21:00| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(24) | 灼眼のシャナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月10日

灼眼のシャナ第5話「それぞれの想い」

今週はマージョリーに
敗退後でボロボロだった
シャナがいた。


悠二は助けようとするが
拒絶される。そして「おまえ
のせいだ」といわれてしまう。


そして悠二は学校に登校!!
そのちょっと前に吉田さんが
チケットを持って昇降口にいて
池が近づきぱっとひらめき
悠二と吉田さんの仲を
取り立てる。


そのころマージョリーは
田中と佐藤に出会い
町を案内させる。
しかし佐藤、田中は小説
とはちょっと違う設定ですね
田中はベタ惚れって感じだが
佐藤はどうも迷惑がっている
感じがする。


そしてその後マージョリーと
フリアグネの対決きた。
しかし両者互いに大した
傷を負わすことなく終了
マージョリーにとっては
消化不良だったか道のど真ん中で
叫んでました。


悠二と吉田さんは一応
デートをしていました。
それを遠くで監視するシャナも
いた。


そして悠二は屍拾いラミーに
出会う。そして悠二はラミーと
話を聞いていて自分の
あり方に疑問を持っているようだった。
そして最後にフリアグネの
たくらみ都喰らいを教えられる。
この情報を悠二はどうするのかが
気になります。


それにしても吉田さん
不満そうだったな〜


そして最後にアラストールが
悠二を破壊すると言った。
殺すではなく破壊という言葉を
使うということはやっぱ
悠二は人ではなくもの
なのだな〜と思いました。


人気blogランキングへ←クリックサンキュゥ♪(o ̄∇ ̄)/
posted by ヨシヒロシ at 00:26| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(17) | 灼眼のシャナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。