初心者ブロガーにおススメ!

2006年07月30日

紅―ギロチン

紅―ギロチン紅―ギロチン
片山 憲太郎

集英社 2006-07
売り上げランキング : 784
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



昨日からなんだか疲れが取れ
ない・・・明日が最後のテスト
なので今からチョー勉強して
なんとか乗り切りたい!!


紅もやっと二巻目が発売しました。
電波的な彼女のアナザーストーリー
であり共通の登場人物が出たり
関係ありそうな人が出てきたりします。


それでいてストーリーはまったく
違ったものであり電波的な彼女は
サスペンスな感じなのに紅はアクション
といった感じだ。


しかしそれでいて狂気的なところは
一緒といや〜オススメですね。今度の
紅はタイトルどおりギロチンの二つ名を
もつ殺し屋が相手でした。


そして真九朗と紫の関係もギクシャク
しちゃうし夕乃さんはあいかわらず
おしおしですし銀子はそっけないですが
なにやら考えているような感じです。


そしてとうの真九朗がまったくその
事実に気付いていないところも
おもしろいところですね。あそこまで
あれば気付くと思うのですが・・・


今回は一種のスランプに陥って
しまった真九朗の立ち直りが
語られてますね。紫との間も
いい感じですね。これからどうなる
のだろうな〜


早くも三巻目が待ちどうしく
なっちゃいました。いずれは
電波的な彼女で出てきた主要
人物もゲスト出演してくれない
かな〜


人気blogランキングへ←明後日からついに夏休みだ!!
posted by ヨシヒロシ at 15:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(5) | スーパーダッシュ文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月06日

紅
片山 憲太郎

集英社 2005-12
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



どんどん更新しちゃいますよ!!
でも正直このペースで更新するのは
つらい・・・一日で何回も更新する
サイトを作ってる人はすごい!!


この紅という作品同じ作者の電波的
な彼女の世界観を使いまったく別の
ストーリーになっています。なので
電波的な彼女に出てくる柔沢ジュウの
母親の柔沢紅香がでてきます。
こういうつながりがありながらまったく
別のストーリーってっ結構好きです。


この作品の主人公紅真九朗は電波的な
彼女のジュウとはちがい気弱だが
強さの実力は一歩出ているといった
感じだ。


そしてヒロインの九鳳院紫はなんと7歳
だけどとんでもないツンデレだった。
私の読んでる小説で紫以上歳の低いヒロインは
見たことがない!!


もう一人のヒロインは崩月夕乃です。
彼女は簡単に言えば姉御ですね。
真九朗にとっては師匠みたいな人で
一番アプローチしてるんじゃないかな
とも思うがまったく想いが伝わらない・・・


そして幼なじみ村上銀子は情報屋であり
真九朗を仕事のことでサポートして
います。彼女は典型的な人嫌いです。
けど真九朗だけは・・・って感じです。


ストーリーは電波的な彼女と違いサスペンス
というよりアクションといった感じだ。
真九朗は紅香に紫の護衛を頼まれそれを
承諾するが一緒に住むことになったことで
大変な目にあうといった感じだ。


そして表御三家とか裏十三家とか出てきます。
そして裏十三家には電波的な彼女で出てきた
少女たちの名前もあります。これが次回作で
どうなるのかな???っと楽しみであります。
まあこの世界観ではやはり異能者というもの
がいるみたいですね。


最初こそ普通のストーリーぽかったが徐々に
狂気が見えてくる展開はさすが片山 憲太郎
と思えました。まあこの歳の差カップルが
どうなるか気になりますね。


人気blogランキングへ←クリックサンキュゥ♪(o ̄∇ ̄)/

posted by ヨシヒロシ at 01:41| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(5) | スーパーダッシュ文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月05日

電波的な彼女 ~幸福ゲーム~

電波的な彼女 ~幸福ゲーム~電波的な彼女 ~幸福ゲーム~
片山 憲太郎 山本 ヤマト

集英社 2005-07-22
売り上げランキング : 3,139
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



さあどんどん更新していこう!!
明日スキー旅行に行くのだが準備も
持っていくものはとりあえずあるので
これをあとはどうかばんに詰めるか
で悩んでいる。


電波的な彼女も三作目になりました。
どの作品も人間の汚い部分を表した
事件ばかりだが今回の話はそういう意味
では一番身近で起こりうる可能性が
ある話だと思う。


幸福ゲームと呼ばれる無差別の
嫌がらせ行為の標的にジュウがなる。
そしてその危機を救った光までもが
標的になる。そうして我慢の限界を
迎えたジュウは犯人たちを捜し始めます。


一番魅力があったのは光の態度の変化
かな。ツンデレってやつですか???
ジュウは女心にははかなり鈍いようだ。
なんかモテモテではないかジュウは・・・


そして事件は最初はただの小さな嫌がらせ
から始まり徐々にエスカレートしていく
典型的なイジメである。しかし事件は
普通のイジメではなくもはやテロとも
いっていいくらいだ。


そうして事件を調べていくうちに幸福クラブ
なる集団がありそこには歪んだ信念を持つもの
たちがいた。屁理屈もここまでくるとやばい
ですね。幸福とはなにか?この質問には千差万別
の答えがあると思いますがこの集団はみんなが
同じ考えしかもてないところが間違いだったの
だろう。


今回はひねりがあまりないところがいい。
そのぶんいつもより雨たちの推理が冴えている
というかスムーズに行くところがよく最後は
ジュウとの絆ののふかさが分かったか???
そして前作より凶悪事件ではないと思うが
一番嫌悪を抱いた事件だ。こういう奴らは
絶対に知り合いになりたくないと思った。


幸福になるためには私は自分自身が幸福と
認識するしかないと思います。やっぱ他人
より幸福なのかは比較しないにかぎります。


人気blogランキングへ←クリックサンキュゥ♪(o ̄∇ ̄)/
posted by ヨシヒロシ at 21:43| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(2) | スーパーダッシュ文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

電波的な彼女―愚か者の選択

電波的な彼女―愚か者の選択電波的な彼女―愚か者の選択
片山 憲太郎

集英社 2005-03
売り上げランキング : 3,140
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



明後日スキー旅行に行くので
更新スピードを少しだけあげたい
と思います。一日一更新がもっとう
でしたが読んだ本も溜まっているので
ばしばし更新します。


そうして読み終わっていた電波的
な彼女―愚か者の選択期待を裏切らな
かった。今度は幼い子の目だけを
狙う異常者えぐり魔を捜す話だ。


そして雨の友人としての新キャラの
斬島雪姫と円堂円なんか名前から
して異質な感じがしますがそのキャラ
も異質です。


雪姫は普段は明るいオタク少女だがナイフ
を持つと性格が変わる二面性を持っている。
円堂円は大の男嫌いな少女でめちゃくちゃ
強い。まあ二人とも強いのだが・・・
類は友を呼ぶということなのか???


そしてえぐり魔の正体は正直、私の
感想では実行犯だけではないと思います。
えぐり魔が幼児の目をえぐる動機が
分かったとき誰が悪いのか単純に考えれば
えぐり魔が悪いで終わってしまうが
果たしてそれでいいのかと思ってしまう
事件だった。


しかし最後は明るいオチにしてくれたので
よかった。とてもやりきれない事件でしたので
最後にオタクワールドを全開した話で雪姫と
ジュウそして雨この三人の関係にも期待が
もてるラストだった。


人気blogランキングへ←クリックサンキュゥ♪(o ̄∇ ̄)/
posted by ヨシヒロシ at 14:46| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(2) | スーパーダッシュ文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月29日

電波的な彼女

電波的な彼女電波的な彼女
片山 憲太郎

集英社 2004-09
売り上げランキング : 4,894
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



明日ついにテスト最終日です。
そしてそのあと飲み会です。いいこと
といやなことがある日を迎えるのは
ちょっと複雑です。


そんななか久しぶりにいい本と
出会った。それが今回感想を書く
電波的な彼女です。今まで電撃、
角川スニーカー文庫しか興味がなく
スーパーダッシュ文庫は大抵テイルズ
シリーズしか買ってませんでした。


でネットでいろんなサイトを巡っている
うちにこの本の存在を知り興味を
たまにはスーパーダッシュ文庫の本を
読んでみようかと思い読んだ。


今までラブコメばっかよんでいたためか
すっかりはまりました。サイコサスペンス
というのだろうかそういう展開の本を読んだ
のは「空の境界」以来だろう。


主人公の柔沢ジュウ一匹狼の不良であるが
どこかに熱い正義感があるような男だ。
ただ何事にも中途半端であり孤独をなんとも
思っていないようそう思っていないって
矛盾した考えをこのキャラに感じた。


そして影に主役でヒロインでもある堕花雨は
なんでも前世からの付き合いとジュウに告白
する題とうり電波系な彼女だ。しかし彼女の
洞察力、観察力はすごい。彼女が発する言葉
には無駄がないって感じだ。ジュウのためなら
という限定付きではあるが人間離れしている
と思う。


世界観は現実に近いがどうも今現在より
治安が悪いらしく猟奇殺人が多発している
なんとも物騒な世界だ。


そうした世界のなかで起きてた一つの事件が
ジュウの同級生が殺されたことでジュウが
自らの意思で犯人を探し出すのだが一番
怪しいのは雨であるが犯人は思いがけない
人物であった。


複雑に絡み合う事件の糸が解ける感じは
やっぱいいね〜ラブコメはつねにおもしろい
といた感じだがこういうためにためて最後に
スッキリするって感じが新鮮だった。


特にこの作品は異常者が巻き起こす殺人だ。
そこに恨み、嫉みという常識ではかれる
ものは存在しない。猟奇殺人を題材にして
探偵が謎を解くという本は今まで読んだことが
なかった。そういうところがこの本の最大の
魅力だと私は思う。


ジュウと雨の奇妙な関係も目が離せない。
恋人同士でなく主従関係らしいがはたして・・・
それにほかに登場したキャラも個性はぞろいだ。
ジュウの母親の紅香や雨の妹の光など。


人気blogランキングへ←クリックサンキュゥ♪(o ̄∇ ̄)/
posted by ヨシヒロシ at 16:06| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(5) | スーパーダッシュ文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月28日

テイルズオブシンフォニア テセアラ編

4086301598テイルズオブシンフォニア テセアラ編
結城 聖

集英社 2003-12
売り上げランキング : 22,190
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



ここだけが、世界ではない!?コレットの命を狙っていた刺客・しいなから、ロイドたちは思いもよらぬ言葉を聞く。「あたしはこのシルヴァラントとは違う、もう一つの世界・テセアラから来たんだ」。マナを奪い合う二つの世界、そこに暮らすそれぞれの民。シルヴァラントを救えば、今度はテセアラが衰退する?未知なる世界へと旅立ち、その地で新たな仲間たちを得たロイドたちの決断とは―。

人気blogランキングへ←クリックサンキュゥ♪(o ̄∇ ̄)/続きを読む(ネタバレを含む)
posted by ヨシヒロシ at 19:23| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | スーパーダッシュ文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月04日

テイルズ・オブ・シンフォニア シルヴァラント編

テイルズ・オブ・シンフォニア シルヴァラント編
テイルズ・オブ・シンフォニア シルヴァラント編


今回はテイルズ・オブ・シンフォニアのノベライズ本だ。テイルズのノベライズ本といえば結城 聖さんか矢島さらさんのどちらかかが書いています。今回は前者の結城 聖さんのほうにしました。


購入理由
集英社スーパーダッシュ文庫の本を買ったことがなかったこととこっちのほうが分厚かったので読み応えがあるのかと思い購入した。

人気blogランキングへ←クリックサンキュゥ♪(o ̄∇ ̄)/です
続きを読む(ネタバレ注意かも・・・)
posted by ヨシヒロシ at 18:15| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | スーパーダッシュ文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。