初心者ブロガーにおススメ!

2006年06月04日

月の盾

月の盾月の盾
岩田 洋季

メディアワークス 2006-05
売り上げランキング : 1310

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



今日は二時からバイトだ・・・正直
かなり疲れているので行きたくないが
10月までに金を貯めて株をやりたいと
思っているのでそれまでは我慢です。


なんかずっと前に愛咲さんのブログで
紹介されていて以来ずーっときになって
いてとある魔術の八巻がないため何を
買おうか迷っていたので買ってみた。


岩田洋季といえば護くんシリーズですがこの
月の盾では同じ作者が書いているとは思えな
かった。シリアスに話が進んでいく。これが
純愛路線なのかと感じた。


画家として天賊の才を持っている国崎桜花が
その才能を開花させ希望を持たせればまた
逆に追い詰められ人に絶望を持たせてしまう
絵を描いてしまう。しかしそんな彼女のそばには
いつも村瀬暁がいた。


彼女の絵は人々に希望を与えてあげた。追い詰め
られ人を絶望させる絵を書いたけどそれを覆す
ような月の盾と呼ばれる絵を・・・


桜花は最初は引っ込み思案だったが暁たちが
懸命に心を開かせようとして絵を描いているのに
気付いてそれを褒めてもっといっぱい書かせようと
する家族愛も感じられた。


そしてそれから桜花の出生の秘密とか悪魔の
正体とか驚かされることが多かったがそれを
乗り越えてあのラストライトノベルの中で
一番感動する作品だと私は思った。


人気blogランキングへ←絶望と希望は表裏一体だとこの作品を読んで思った。
posted by ヨシヒロシ at 12:52| 東京 ☁| Comment(5) | TrackBack(5) | 電撃文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月03日

とある魔術の禁書目録(インデックス) (7)

とある魔術の禁書目録(インデックス) (7)とある魔術の禁書目録(インデックス) (7)
鎌池 和馬

メディアワークス 2005-11
売り上げランキング : 40238
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



今日はとりあえずバイトがあるまでは
暇なのでちょっとブログを改造して
見ようと思う。広告とかもういじってから
だいぶたったのにまったく暇がなくあって
も遊びに行ったりとしていたのでそろそろ
飽きてきた・・・


広告をより明確に分けてみました。最近は
デモンベインに嵌っていてついつい広告を
載せてみたくなったのがこの行動の始まり
です。


ただまだバランスが悪い気がするので
今日バイトが終わって漢字検定の勉強が
終わってからまだ体力が残っていたら
やろうと思います。できなかったら明日
にでもやろう!!でも明日はバイトが・・・


いつもライトノベルを買うツタヤにはとある
魔術の禁書目録の八巻目がなく困っています。
ここまですいすい読めていたので止めたくない
のに・・・


7巻目今度は教会同士の複雑な関係ってのが
感じられた。こうして考えてみるとこの
作品ってネタが豊富にあると思う。だから
一つ一つおもしろいところがある。


そしてステイルたちの所属するトップの
人が登場したが想像してた人とはまったく
違った。へんな日本語使うし・・・でも
最後のほうではなるほどっとわけが分からん
人だがすこぶる頭が回る人なんだな〜って
感じた。


ステイルも久々に登場するし当麻とは
あいかわらずだしインデックスとの間も
どうなんだろう?ステイルはいつまでも
想っているんだな〜って感じが伝わったが
当麻はどうなんだろう???


最後のバトルは今までで一番派手であったな。
またまた新たな魅力が出てきました。そして
神崎さんの以外な年齢が・・・想像と違う
というか当麻と同じ予想をしていたのでビックリ!!


人気blogランキングへ←なんでツタヤはとある魔術の八巻だけなくてそろえてんだ〜
posted by ヨシヒロシ at 12:14| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(2) | 電撃文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月02日

とある魔術の禁書目録(インデックス)〈6〉

とある魔術の禁書目録(インデックス)〈6〉とある魔術の禁書目録(インデックス)〈6〉
鎌池 和馬

メディアワークス 2005-07
売り上げランキング : 20133
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



今日は昨日やっとこ見つかったレンタル
ビデオがうれしくてしょうがない!!
いや〜延滞金の600円なんて些細なこと
ですよ。今度からは借りてきたら
きちんと管理することを忘れないように
します。


とある魔術の禁書目録いや〜六巻まで
あっという間に読んでしまった。もう
6月で学校も前期が半分終わったというのに
って気分にもならなくはないですが
読書はやめられません!!


なんか巻が進むにつれてインデックスの
出番が減っているというか影が薄くなって
いる感じがしていたがここにきてインデックス
がおお〜っといった感じで活躍するし
物語の中心にいたと感じた。


今回は魔術師が相手でした。ちょっと前の
巻では超能力が目立っていましたが今回は
魔術と超能力両方があわさった感が感じられ
この物語の黒幕みたいな人物の目的などが
ちょっとだけ明らかにされた。


また挿絵が妙にエロくなったな・・・と
そして当麻のノリもなんかここまでくると
ありかなとも思えた。どこまでも不幸なのに
ポジティブな奴に考えていると思えた。


インデックスもそのすごさを垣間見れた。
力は使えないがその膨大の知識はやはり
侮れなかった・・・そして恋のライバル
美琴との遭遇とかこれからが楽しみです。
この二人は・・・そして第三勢力の黒子
当麻の人間関係はどうなることやら・・・


人気blogランキングへ←10日に電撃文庫に新刊が発売される。今月はお気に入りの作品が多く出るので楽しみ!!
posted by ヨシヒロシ at 11:38| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | 電撃文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月30日

とある魔術の禁書目録(インデックス)〈5〉

とある魔術の禁書目録(インデックス)〈5〉とある魔術の禁書目録(インデックス)〈5〉
鎌池 和馬

メディアワークス 2005-04
売り上げランキング : 51836
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



今日はなんかだるかったので
3限をサボってしまった・・・
そして惰眠をむさぼっていた。
なんか最近疲れているみたいだ。
バイトをいれまくっているせいか
はたまた深夜アニメの見すぎかわ
分からないが


とある魔術の禁書目録もやっとこ
5巻目に突入です。これでやっとこ
最新刊から数えて半分ですね。


ここにきてこの作品が大化けしたと
いうことをいろいろなところで
聞いていたのですっごい気に
なっていた巻でしたが私もそう
思いました。


今回は書き方がとても特徴的でした。
今までのように上条当麻が主人公の
ように物語が進むのではなくその日に
起こった出来事に主人公を一方通行
美琴、当麻に分けて物語が進んだ。


一方通行のその後の変化、美琴と
当麻のちょっとおかしい恋人ごっこ
そして当麻と魔術師の戦いといった
風になっていた。総じて上条当麻の
不幸な一日が書かれていた。


でもこの巻の主人公といわれれば
一方通行(アクセラレータ)でしょう。
彼があの実験の後、どう変わったかが
描かれておりそして彼がどうしたかった
のかどのようなことを思っているのか
が分かりああこいつもいい奴かもって
思えた。再登場してほしい・・・


美琴の話もおもろかったな。物語が
とんでもない方向にいくし、美琴の
テンパリ具合もいい。あいかわらず
当麻は鈍チンだが・・・


まあ今回もなんかインデックスが
目立たなかったかな?まあこれだけ
あくの強いキャラがいるからしかた
ないのかも知れないが一巻なみの
活躍を見てみたい。


そしてなんか挿絵がだんだんきわどい
ものが増えている気がするななんか・・・
これは気のせいかな???


人気blogランキングへ←昨日、バイト先でDSを入荷したがあっという間に売れてしまった。人気あるな〜って思った。
posted by ヨシヒロシ at 15:30| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | 電撃文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月28日

とある魔術の禁書目録(インデックス)〈4〉

とある魔術の禁書目録(インデックス)〈4〉とある魔術の禁書目録(インデックス)〈4〉
鎌池 和馬

メディアワークス 2004-12
売り上げランキング : 37210
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



今日は昨日からあまり寝てない・・・
昨日も雨と天気が悪かった。今日も
夜バイトが入っている。まったく
明日は1限からだっていうのに何
やってんだろう・・・


今回のテーマは召喚術ということで
ある。なるほど魔術といえば火を
出したり、瞬間移動とかに目を取られ
るが召喚術もちゃんとした魔術ですよね。


召喚術なんてFFX以来聞いたことがなかった
な・・・とある魔術の禁書目録ではその
召喚術「御使堕し」エンジェルフオールと
かいう魔術らしく当麻を中心に魔術が広がって
おり当麻にはみんなの体が入れ替わって
しまったように見えるようだ。


そのため当麻には中身と外見が入れ替わって
しまって大変な思いをする。まあ不幸が
さらに不幸になったな・・・そしてさらに
インデックスの姿の母親に何かと気に掛け
「マザコン」というレッテルを貼られて
なおかつインデックスは青髪ピアスに
なってしまってこれまた大変なものを見て
しまった。


しかもその性で最後は大変な目にあう当麻
そして新キャラ土御門はなんというか最後の
最後までだまされっぱなしだったな・・・
でもこういうキャラは好きだな。


そして一巻以来久しぶりに登場した神裂さんが
再登場する。だけど立場が違うからかずいぶん
感じが違う。そしてまた変なキャラのミーシャ=
クロイチェフも初登場したが真相を見たとき
このキャラはもう一回でるのか不安になる。
できれば一回出たキャラはもう一度出てほしい
と思うんだよね〜


そして父の愛が書かれていましたね。そして
当麻の過去がまた明らかにされました。当麻
がなぜ学園都市に来たのかが分かりました。


人気blogランキングへ←なんか巻が進むごとに絵がきわどくなってる気がすると思うとある魔術の禁書目録

posted by ヨシヒロシ at 10:57| 東京 ☔| Comment(1) | TrackBack(1) | 電撃文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月27日

とある魔術の禁書目録(インデックス)〈3〉

とある魔術の禁書目録(インデックス)〈3〉とある魔術の禁書目録(インデックス)〈3〉
鎌池 和馬

メディアワークス 2004-09
売り上げランキング : 3017
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



今日は昨日の疲れか二時に起きた。
なぜか携帯の目覚ましがなった
形跡がない・・・やっぱちゃんとした
目覚まし時計を買ったほうが
いいのかな???


とある魔術の禁書目録すいすい読んで
3巻目突入!!これでなんとか来月の
新刊がでる6月10日までには10巻まで
読み終わりそうだ。


今回はとある魔術はお休みで超能力万歳
でした。ということで1巻で登場していた
のに今だ活躍のなかった超能力レベル5の
御坂美琴さんが活躍してくれます。


そして学園都市最強の超能力レベル5の
一方通行のアクセラレータが敵として
登場してきます。魔術師も奇想天外でした
がこのアクセラレータは確かに世界最強
みたいな能力でした。


美琴の妹のミサカを救うために戦う当麻
ですが今回は助けた人数でいえば今まで
救ってきた人数を遥に凌駕しますね。
これ以上はネタバレになってしまいます。


ともあれ今回が一番熱い戦いだったと
思います。能力が最強のアクセラレータ
はその最強の能力があるからこそそこが
弱点になってしまった。そしてその
弱点を利用できるのは最弱の当麻の
もつ幻想殺しだけであった。


でも超能力の戦いのため魔術組は今回は
お休みでした。戦いの前の緩急でいろいろ
出ていたが物語にはあまり重要ではなかった・・・
まあ最後にしめるのはインデックスの仕事
みたいなものですが。


人気blogランキングへ←この頃、小説読みまくってけど金がピンチだ。そんな私を応援してくれ!!
posted by ヨシヒロシ at 15:16| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 電撃文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月26日

とある魔術の禁書目録(インデックス)〈2〉

とある魔術の禁書目録(インデックス)〈2〉とある魔術の禁書目録(インデックス)〈2〉
鎌池 和馬

メディアワークス 2004-06
売り上げランキング : 96,796
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools




今日は朝起きたら寝ゲロしてた。
昨日はそこそこ飲んでいたがまさか
こんなことになるとは思っていなかった。
枕カバーとシーツは洗って使えると
思うがゲロまみれのタオルは処分する
ことにした。洗っても使う気になれない。


家に帰ってきたが家の惨状は見るに
絶えません・・・まあ一つ一つ片付ける
しかないと思います。


とある魔術の禁書目録の二巻目も読了
しました。魔術師の次に登場したのは
錬金術師でした。錬金術といえば賢者の石
とかであり鉛を金に換えたりとすっごい
ことができる人たちですがこの作品に
出てきたアウレオス=イザートはすごい
錬金術師です。


鉛を金に換えるどころではなく人を金に
変えたり、言葉をそのまま武器にしたり
とすごすぎです。


そしてもう一人初登場したキャラ姫神秋沙
こちらはとんでもなくおっとりした天然
キャラですがその体が吸血殺しと呼ばれる
ものでありその能力があるということは
吸血鬼がいることの証明になっているそうです。


そしてアウレオスには錬金術を駆使して
あんなにもすごいことができるのに
それはある目的のためであった。


そしてその暴挙を止めるためにまた協力
関係になったステイルと当麻だがあいかわらず
仲が悪い。チームワークなんて存在しない。


アウレオスのやったことは許されないしかし
下手をすれば手段は違うかも知れないが
当麻もそうなってしまうというような話
でした。そして当麻の力のすごさと謎が
ちょっとでてきた。


人気blogランキングへ←電撃文庫の作品かなり読みまくっている人クリックしてくれ!!

posted by ヨシヒロシ at 14:19| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(2) | 電撃文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月23日

とある魔術の禁書目録(インデックス)

とある魔術の禁書目録(インデックス)とある魔術の禁書目録(インデックス)
鎌池 和馬

メディアワークス 2004-04
売り上げランキング : 42,802
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



今日は昨日と同じ過ちを犯さない
ようにちゃんと起きようとして
なんとか遅刻しながらも授業に
出ることができた。


今回は電撃文庫のなかでシャナとか
しにがみのバラッドとかみたいに
アニメ化されていないが結構ライトノベル
読んでいる人たちにこの本も有名とか
聞いていてなおかつ今回10巻目が発売
したのでこれを気に一気に読んでみようと
思った。


超能力と魔術がある世界で主人公の
上条当麻とインデックスと呼ばれる
少女の出会いが書かれています。


幻想殺しと呼ばれる力を持つ当麻は
いつも不幸だった。幻想殺しとは
異能の力を全てを無効化してしまう
力だ。とてつもない力である。


そしてヒロインはインデックス呼ばれる
少女。いつも笑顔であり噛み付き癖が
ある不思議な少女である。そしてその
正体は頭の中に10万3000冊の魔道書を
記憶している歩く魔人であった。


インデックスを助けるために行動する
当麻ですがその襲った敵と思ってきた
魔術師たちもインデックスを助ける
ために行動していた。


当麻は偽善者である。fateの士郎なみとは
いかないがそれでも彼の想いは偽善だと
思った。だけど諦めない彼はひらめきと
自分の持つ力「幻想殺し」によって
結果、助けることができた。


その代償が自分の死と引き換えに・・・
超能力と魔術は同じ力に見えることを
的確に分けておりなおかつそのどちら
ともつかない主人公の能力そして
その後がとっても楽しみな作品である。
ちょっとネタバレ気味の感想になってしまった。


人気blogランキングへ←クリックサンキュゥ♪(o ̄∇ ̄)/
posted by ヨシヒロシ at 16:24| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(5) | 電撃文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月19日

とらドラ2!

とらドラ2!とらドラ2!
竹宮 ゆゆこ

メディアワークス 2006-05
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



昨日の夜から友達の家で遊んで
そのあと学校行ったので久しぶりの
我が家に帰ってきた。そしてこの後
バイトなのですぐに家を出なければ
ならない。最近、寝るためにしか家を
使っていないきがする・・・


待ちに待ったとらドラ2今回は奈須きのこ
さんのコメントがついてたりとかなり
注目されている作品だな〜とあらためて
思った。


今回は新たなキャラ川嶋亜美が登場しますます
複雑になっていく竜児や大河を含めた人間関係
新キャラの亜美もかなり濃いキャラです。
外ズラがよくても中身はかなり黒いという
二重人格に近いキャラですね。


さらに亜美が大河の好きな北村の幼なじみと
いうことで大河とは犬猿の仲に・・・しかし
どっちも一歩も引かない強キャラそして苦労
するのは目つきが怖いだけの竜児・・・


そして今回の話をかなりややこしくするのは
櫛枝であった。一巻では大河の親友であり
竜児の好きな女の子ぐらいしか印象がなかったが
ここにきて天然パワーが全開になってる気が
します。


そして本編とは違って富家幸太というチョー不幸
体質の彼が主人公となる番外編もおもしろかった。
本編でもちょっと出てきたすごい生徒会長がいる
生徒会の一年でいまだに「手乗りタイガー」を
知らなく触ったら幸せになれるという噂のために
手乗りタイガーに触ろうとする話です。


生徒会長もすっごい濃いキャラだな。こんなに
濃いキャラが登場する作品は個人的には好き
だな。しかも今回はラストがすっごい気になる
ところで終わっているので続きがすっごい楽しみだ!!


人気blogランキングへ←クリックサンキュゥ♪(o ̄∇ ̄)/
posted by ヨシヒロシ at 16:56| 東京 🌁| Comment(3) | TrackBack(5) | 電撃文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月16日

リリアとトレイズ〈4〉イクストーヴァの一番長い日〈下〉

リリアとトレイズ〈4〉イクストーヴァの一番長い日〈下〉リリアとトレイズ〈4〉イクストーヴァの一番長い日〈下〉
時雨沢 恵一

メディアワークス 2006-05
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



今日もなんとか1限に出ることが
できた。本当によかったがしかし
明日の授業で小テストがあるのを
すっかり忘れていた・・・
つらい日々はまだまだ続くようだ・・・


リリトレ4巻イクス編が完結しましたが
またまた波乱の予感がするラストでした。
取材クルーに化けてたテロリストに人質
されてしまったフィオナとベネディクト
それを救うのはリリアとトレイズそして
白い魔法使い。


アリソンシリーズを読んでいる人は3巻で
犯人の目星がついていると思いますが
まあ予想通りだった。前作のアリソン
シリーズで出てきたキャラが関わっています。


そしてちょっとした勘違いでお姫様に
なってしまった子を助けるのはイクスの
殿下でありちょっと男を見せました。


そして事件の大本であるイクスの秘宝には
驚いた。どんなものよりも大切にしなければ
ならない宝であった。それを守り抜いた王家
はすごいな・・・


しかしこんな事件があったのにリリアとトレイズ
の仲は進展してない模様!アリソンの計らいも
むなしく・・・ヘタレがとれたと思ったらやっぱり
トレイズはヘタレでした・・・


そしてトレイズの悲惨な過去話は笑えた。
あの過去があってこそのトレイズですよと
思える話だった。あのヘタレは昔っからと
いうことで・・・


人気blogランキングへ←クリックサンキュゥ♪(o ̄∇ ̄)/


posted by ヨシヒロシ at 15:57| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(8) | 電撃文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月14日

リリアとトレイズ〈3〉イクストーヴァの一番長い日〈上〉

リリアとトレイズ〈3〉イクストーヴァの一番長い日〈上〉リリアとトレイズ〈3〉イクストーヴァの一番長い日〈上〉
時雨沢 恵一

メディアワークス 2006-03
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



やっとこ二日酔いがなおり爽快とは
いかないが昨日よりだいぶマシに
なった。しかし家では醤油が切れたり
芳香剤が終わったりと買い物をしなければ
なりません!!まあ明日にしようかと・・・


とりあえず今はデモンベインをやってる
のでこっちに生活をあわせている感じ
です。


と余裕をこいていたらいきなりバイトが
入っていて店長から早く来いといわれた・・・
かなり焦った。自分では18時からだと
思っていたのでやばいとすぐに思った・・・


まあそんなこんなでこんな時間にリリトレの
3巻の感想を書きます。リリトレ自分的には
かなり待ったぜ!!一気にイクストーヴァ編を
読みたかったのでこの巻が出てから買いたい
欲求を抑えてきたぜ。そしてやっとこ下巻の
4巻が発売されたのでそっこう買った。


あいかわらずヘタレのトレイズとあいかわらず
素直じゃないリリアが今度はトレイズの故郷の
イクスにやってくる。そして昔なつかしのフィオナ
とベネディクトも出てくる。


まあ毎度のことながらトラヴァス少佐も出てくる。
そして事件は女王を巻き込みそしてその火は
トレイズたちにもその事件に関わらざることを
しなければならない理由が出来てしまう。
トレイズは本当のことを言えずしまいだが・・・


アリソンがせっかくチャンスをやったのに
トレイズが本当のことを言えないのは本当に
ヘタレであると再認識した。


アリソンシリーズでは事件に首を突っ込むこと
が多かったがこっちのリリトレでは事件に
巻き込まれることが多いですね。リリアは
一番冷静でありトレイズをここ一番ってときに
いいことを言いますね。それがバランスよく
なっているというのを読んでいて感じた。


人気blogランキングへ←クリックサンキュゥ♪(o ̄∇ ̄)/
posted by ヨシヒロシ at 12:48| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(5) | 電撃文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月09日

しにがみのバラッド。〈8〉

しにがみのバラッド。〈8〉しにがみのバラッド。〈8〉
ハセガワ ケイスケ

メディアワークス 2006-03
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



今日はスーパー寝坊した・・・今日も
一限から三限まで授業があったがすっかり
サボってしまった。まずいこのままでは
まじでまた授業を落とすかもしれない。
とにかく火曜日が自分にとっては一番
つらい曜日な気がする。


今までで二回以上サボってるというか一回
しか授業出てない・・・なかには必修で
なおかつゼミの先生の授業なのに・・・


まあそんなことは忘れてしにがみのバラッド
の感想書きます。明日は10日で新刊も出て
くる電撃文庫!!しにがみのバラッドも
8巻まで読んでしまった。


今回は原点に帰ったといった感じがした。
死に対しては今までの作品より遠ざかって
いて残された人の立ち直りといった感じの
話が多かった。


そしてどの話も前に登場したキャラが出て
いるのがよかった。今回は主役ではなく
アドバイスをしたりとあのときからの
成長を感じられた。


絶対に逃れられないのが死の運命だからこそ人は
一生懸命にいきようとします。そしてそれは
どの生物でも同じであると思います。頭がいいが
ボケてるアポロがでてくる「ちいさないのり」は
そう考えさせるものだった。


モモ自身の話もすごいことになっている。そして
ここでも前に登場したキャラが出ている。あの
変わらずを望み待ち続けることを望んだ少年とか・・・
そして枯れ逝く白い花が光のアンと話した後。


伝えるべきことを光と影に全てを伝えて何もなく
なったそこに現れたダニエルはアンにたちモモ
を守るために現れた。なんにも出来ないけど何か
する。いよいよ光と影がどうなるかって感じに
なってきた〜


人気blogランキングへ←クリックサンキュゥ♪(o ̄∇ ̄)/
posted by ヨシヒロシ at 14:40| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 電撃文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月07日

しにがみのバラッド。〈7〉

しにがみのバラッド。〈7〉しにがみのバラッド。〈7〉
ハセガワ ケイスケ

メディアワークス 2005-08
売り上げランキング : 3,191
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



今日で本当に休みが終わってしまう・・・
この休み長かったようで短かったな〜
まあバイトと親戚の用事で自分の時間が
なかったのもあるがでももうちょっと
休みがほしかったな〜今日は雨だし・・・


しにがみのバラッドももう7巻目に突入
しました。とにかくこの本は早く読める。
そして一巻ごとに工夫がされていると
思う。それによって毎回違った良さが
出ていると思う。


今回はいつもと違って長編の作品になって
います。もっとも一旦区切って題が違って
いて登場人物が同じな話なので長編というより
それっぽいといったほうがいいのかな?


双子を主軸にその子が生きていたとき
そして彼女を失ってしまうまでが最初の
話そしてその後の話は残されたものたち
の絶望からの立ち直りが書かれています。


途中モモにおせっかいされた芸術家と
話をしてその出会いが立ち直りのきっかけ
になったと思います。モモに関わった
人たちはつながっているとあらためて思った。


モモ自身の話もついに佳境に入ってきた。
まあ今回はモモの話ではなくその対極に
位置する存在のアンが前巻でモモが来た場所
に行く。そしてそこで初めてアンの動揺する
姿を見ることになる。


モモとアン二人とも記憶がない。この記憶が
よみがえったときこの作品が終わる気がする。
モモが探しているものアンが思い出したく
ないものいずれ明らかになるだろう。






posted by ヨシヒロシ at 15:24| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 電撃文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月02日

しにがみのバラッド。〈6〉

しにがみのバラッド。〈6〉しにがみのバラッド。〈6〉
ハセガワ ケイスケ

メディアワークス 2005-05
売り上げランキング : 7,474
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



今日はもうゴールデンウィーク休み
です。まあ今日バイトが終わったら
本当に7日までバイトがないので完全に
休みになります。


この休みを利用して出来ることは全て
やっておきたい!!まあ具体的には
洗濯とかお部屋の掃除ぐらいですが・・・


しにがみのバラッドもついに六巻目まで
読み終えることができた。この六巻は
今までの作品の中でもっとも切ない話に
なっていると思う。


結果が出てからの話ってのが多かったと
思う。やってしまった、もう手遅れだと
ちょっとした後悔が話の中にあったと
思う。


そして人それぞれの幸せの形というものが
見れたと思う。私は今回出てくる話には
幸せではないと思っているが本人はどうしたく
てそう思ったときその結果で幸せだったのかも
と思いたい。


そしてモモ自身の話もなんかすごいことに
なっている。アンとモモの関係がついに
明らかになっていく。そしてダニエルは
モモが遠くに行ってしまうのではないかと
心配になる。でもモモはやさしいままだった。


人気blogランキングへ←クリックサンキュゥ♪(o ̄∇ ̄)/
posted by ヨシヒロシ at 12:29| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 電撃文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月29日

しにがみのバラッド。〈5〉

しにがみのバラッド。〈5〉しにがみのバラッド。〈5〉
ハセガワ ケイスケ

メディアワークス 2004-08
売り上げランキング : 15,836
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



今日は朝からバイトだった。とても
疲れた。しかも洗濯を一週間も
サボっていたので洗濯機の中がいっぱい
で憂鬱になる。まあやらなければもっと
大変なことになるから今やるしかない。
昨日は2時くらいまで軽く酒を飲んでいた
ので朝起きられるか心配だったがなんとか
気合で起きることが出来た。


今回もしにがみのバラッドは趣向を凝らして
いますね。前に出てきたキャラのその後を
ちょこっとのせるところなど楽しく読めた。
気になるところをちょっとだけだが読めたのは
すごく良かったと思う。


それに今回の話に出てくる人物は今までどおり
の普通の人ではなく人とは違った力を持つもの
たちがでたり、おっちょこちょいだが実はかなり
優秀でやさしい猫がでてきたりとまた今までに
ないキャラが登場してよかった。


普通とは違った力が使えるがために人との
接触を避けていた男の子と偶然にもその力を
使うところを見てしまった女の子その出会いが
運命を変えるお話や猫アポロにしか心を開かない
少女とその家族のお話、殺し屋として育ってきて
殺されたいと願う3人のお話そしてモモ自身の
話でついに確信めいたことが書かれている話が
あった。


人の気持ちを理解するって難しいというか
不可能ではないかと読んでいて思った。でも
きっとちょっとしたのきっかけがあれば
たとえ理解が出来なくても変われるはずだ。
そう思えるようなお話でした。


人気blogランキングへ←クリックサンキュゥ♪(o ̄∇ ̄)/
posted by ヨシヒロシ at 17:04| 東京 🌁| Comment(1) | TrackBack(0) | 電撃文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月28日

しにがみのバラッド。 (4)

しにがみのバラッド。 (4)しにがみのバラッド。 (4)
ハセガワ ケイスケ

メディアワークス 2004-04
売り上げランキング : 12,324
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



今日の授業が終わったら長い
ゴールデンウィーク休みになる。
故に今日の授業で宿題、レポート
などが出されなければ万々歳である。
なが〜い休みをどう使うかが肝である。
まあ4日には実家に帰らなければならない
ので面倒くさいがその他はバイトが少し
あるだけだ。


しにがみのバラッド巻が進むにつれて
趣向を凝らしている気がします。これが
この本の良さであり作者の特徴的な部分
だと思います。この4巻では一番初めに
登場した人物に関係している人たちが
再登場したり、過去の話だったりとおおー
って感じでした。


原点に戻った感じだったかな〜今回は
モモもあいかわらずおせっかいしまくり
だしダニエルも溜息をつきながらもそれに
付き合っているといった感じか。


そしてモモとダニエルの出会いの話が
今回のラストでした。まあ最初はあんな
感じではなく使い魔として立派にしようと
していたダニエルがいた。そしてその仕事
ぶりに呆れていたが次第にそれもありかなって
思うところが書かれていたな。


運命を出来るだけいい方向にもっていこうと
するモモのおせっかいそれは結果が同じだった
としてもその過程が変わることでちょっとは
救われるということを感じさせる小説ですね。


人気blogランキングへ←クリックサンキュゥ♪(o ̄∇ ̄)/
posted by ヨシヒロシ at 12:12| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 電撃文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月25日

しにがみのバラッド。(3)

しにがみのバラッド。(3)しにがみのバラッド。(3)
ハセガワ ケイスケ 七草

メディアワークス 2004-01-10
売り上げランキング : 10,377
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



今日は久々に寝坊してしまった。最近は
結構、起きられたのに・・・携帯の目覚まし
がならなかったのが最大の原因だと思うが
それにしても道具なしで自分から決まった
時間に起きられるようにしたい!!


しにがみのバラッドの三巻目を読み終わりました。
今回はまた違った感じがあり新たな魅力を感じず
にはいられませんでした。一話目の話が終わり二話
目を読んでいて途中からうん?と疑問を感じて
いましたがそういうことかと最後に納得できました。


今回モモは完全に裏方でしたがいい仕事をしてましたよ。
ちょっとした伝言を伝えるのではなく導くといった
感じでしょうかそんなおせっかいをまたまたやっていた。
この話もアニメでやったとか聞いたので今度アニメ版も
見てみたいな。


死んだ祖父、祖母から孫への想いをつないだ話ですな
全体的にはだがその孫たちもいろいろあるんだよな〜
まだ青春やっている者たちの淡い話とか前よりお話が
暗くなかったな。じいちゃん、ばあちゃんが若いころ
見つけた宝は孫たちもきっと見つけられるだろう。


そしてモモの話もまったくわけ分からんことになっている。
ダニエルと二コルの友情にも溝が深くなっていく。でも
それでもモモだけはやさしいままだった。なんだかんだ
言ってダニエルよりモモのほうが大人って感じがしたな。
ただテレビゲームが得意なじいさんっていっぺん見て
みたいと思った。


人気blogランキングへ←クリックサンキュゥ♪(o ̄∇ ̄)/
posted by ヨシヒロシ at 17:08| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 電撃文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月23日

しにがみのバラッド。〈2〉

しにがみのバラッド。〈2〉しにがみのバラッド。〈2〉
ハセガワ ケイスケ

メディアワークス 2003-10
売り上げランキング : 11,312
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



今日はあんまり会っていないおばあちゃん
のお見舞いに言った。ちょっとボケているが
まだまだ元気そうだ。ボケてもまだまだ元気
だから良かった。


しにがみのバラットの二巻目も読み終わりました。
一巻よりさらによくなっていると感じた。
なんていうか比喩がいいというか雪を使っての
命の大切さをモモが言ったときにこれはいいな〜
って感じた。


死に急ごうとしている少年、生きていることに
疑問を感じる少女、そして幼くして両親を失った
少女それぞれの感じていることそしてモモの
おせっかいで変わっていくところが実にいい!!


そしてモモ自身のお話も今回登場しましたね。
そしてダニエルの親友も出てきて死神の中でも
モモがいかに特異な存在かが強調されましたね。


残酷だけどやさしいお話に感じる。こんな矛盾した
表現が一番似合うと私は思った。これは三巻目も
期待できそうだ!!


人気blogランキングへ←クリックサンキュゥ♪(o ̄∇ ̄)/
posted by ヨシヒロシ at 21:46| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | 電撃文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月21日

しにがみのバラッド。

しにがみのバラッド。しにがみのバラッド。
ハセガワ ケイスケ

メディアワークス 2003-06
売り上げランキング : 6,226
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



今日はこれから実家に帰ろうかと
思っています。なんかばあちゃんが
入院しているらしくこれはお見舞いを
いったほうがいいのではないかと
思ったためです。


ゴールデンウィークでもいいかとも
思ったがこういうのは早めのほうが
いいと思った。おかげで飲み会には
いけないがまあしょうがない。


最近、本の読むスピードがどんどん
上がっている気がする。それともこの
作品だから読むのが早くなったのかな?
アニメ化した電撃作品でありつい最近
最終回だったしにがみのバラッドですが
予想以上に読んでよかったなと思った。


アニメの感想でもそこそこいい評価だった
がアニメ化そして漫画化されている作品
であると思った。魂を運ぶ仕事の死神の
重い話だと思ったが確かに重い部分もあったが
最後には救われたなと思えるストーリーで
あった。


死神の話ではなく大切な人を失った人たち
におせっかいをするモモ、失ったものは
戻らない。それを運命と諦めるしかなく
残っているのは後悔と怒りなど負の感情しか
ない。


だけどそうした感情に捕らわれていると
死んでしまった人の想いというのを
気付けないでいることが多いと思います。
それがモモの行為で少なからず吹っ切れたと
思います。残された人は・・・


モモとダニエルのコンビは純粋にいい!!
いっつも偉そうにしているがからかわれる
ダニエルとおせっかいで泣き虫だけど
やさしいモモこの二人は読んでてあきません!!


人気blogランキングへ←クリックサンキュゥ♪(o ̄∇ ̄)/
posted by ヨシヒロシ at 17:56| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 電撃文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月18日

9S(ナインエス)〈7〉

9S(ナインエス)〈7〉9S(ナインエス)〈7〉
葉山 透

メディアワークス 2006-04
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



今日はかなりの過密スケジュールだった。
一限がありそしていきなり三限があり
そのままバイトに遅刻しながら行きました。
まったく疲れましたよ・・・なんで今日
8時間も入れたんだろう。バカだろ二週間
前の俺・・・


9Sもいよいよ終局に近づいたと思っていた
がまだまだ熱い展開があった。特にフリーダム
に突入してからの約10分間の緊迫した戦い
はとてもよかった。


7巻ですが全てのキャラに見せ場がありましたね。
そのなかでもいつもヘラヘラしている八代が
なんともすごいことをしてくれました。というか
八代自体が謎だったがここに来て八代について
いろいろ書かれています。


そして黒川についてもいろいろ書かれています。
この男は正直、悪なのか正義なのか分かりませんね。
伊達との頭脳勝負はお互い一歩も譲らずだしこの
二人の決着を見てみたい。


そして七つの大罪も戦闘不能や死亡したものも
あらわれます。最強といわれた禍神の血にひけを
とらない能力だがどうもまだ発展途上らしい闘真
の戦闘技術どうなることやら。


今回はなにかと過去の回想が多かったと思う。
そして登場人物がどれだけ人間離れしているか
そして普通の生活に憧れに近い感情を抱いている
感じがした。何気に摩耶が由宇を友達と言った
ことがよかったな。


そうして由宇が恐れていた事態が発生してしまう。
これからどうなるかがすっごい気になる終わりに
またなった。6巻のときも気になる終わり方だったが
まだ熱は冷めないようだ。


人気blogランキングへ←クリックサンキュゥ♪(o ̄∇ ̄)/
posted by ヨシヒロシ at 23:10| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(7) | 電撃文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。