初心者ブロガーにおススメ!

2006年04月16日

機動戦士ガンダムSEED DESTINY(5) 選ばれた未来

機動戦士ガンダムSEED DESTINY(5) 選ばれた未来機動戦士ガンダムSEED DESTINY(5) 選ばれた未来
矢立 肇 富野 由悠季 後藤 リウ

角川書店 2006-03-31
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



昨日はバイト本当は8時間入っていたが
私が勘違いしていたためそのまま帰って
しまった。まあ店長はいいって言って
るんでいいかでもこれからは気を付けよう!!


どうもいいけげんでがさつな性格が災い
してかバイトの時間とか一週間で自分の
都合で変わるので意外と覚えていない。


ようやく私のなかでガンダムSEED DESTINYが
完結しましたよ。ほんとアニメ版から長かった・・・
どうもキャラの心情が複雑すぎたためアニメで
はそこのところがあやふやでしたが小説版を
読んでスッキリしました。


多少、歴史の改ざんが見られるが最終話と
FINAL PLUSの間であった改ざんよりかなり
マシだ。というか小説版が一番きれいな
終わり方だと思う。


見所は個人的にミーア、ルナマリア、シン
の心情ですね。ミーアは本当のラクスが
あらわれえてからの感じがルナマリアは
自分たちが間違っているのではということ
に対しての恐れ、間違っていることに
うすうす気付いていながらも進むしかない
シンの心アニメではそこまでキャラの気持ち
を理解できませんでした・・・


そんな中デュランダルは露骨にいやな奴に
なりましたね。戦争をゲームのようにやって
るって感じがさらに強調されましたね。でも
最期は悟りきっていた模様でした。


種デスの最後はみんな悟ったのではないだろうか。
自分が間違っていた、どんなに困難でも明日が
ほしいとそのためには戦い続けるしかないと・・・
矛盾しているが結局、恒久平和なんて理想でしか
ないしでもそれでもそれを諦めることが正しい
ことでは決してないそう思った。


小説版ではシンの苦悩が書かれていてなるほど
あのときそう思っていたのかとなんかアニメ見て
いたときは反発しか起きなかったが小説を読んで
哀れだと思いました。そして主人公と認識できました。


シンが悟るまでが種デスの物語になっていたんですね。
シンは今まで罪に目を背けていました。ステラは
悪くない。戦わせたロゴスがいけないというように
しかしそんなの詭弁でしかありません!!失った
ものは二度と帰ってこないそれを知っているのに
シンは道を踏み外してしまったのです。


レイもまた明日を見えずに戦っていました。自分を
見出すことが出来ず、デュランダルに希望を見た。
しかし本心ではシンたちと話しているときが一番
だった。そして最期はシンに想いを託して自ら幕を
下ろした。


そして一番、意外だったのはカガリが指輪をはず
していた理由でした。そういう意味があったとは
アニメのときはまったくスルーしたいたがあのとき
あれほどの想い、覚悟をしていたとは・・・だから
あの最後の場面に出てこなかったんですね。


アニメ版よりきれいな終わり方をしてるんですよね。
ディアッカとイザークのコンビはあいかわらずでした
が(笑)おもしろい部分もあり感動の場面もあり
買ってよかったと思いました。


人気blogランキングへ←クリックサンキュゥ♪(o ̄∇ ̄)/
posted by ヨシヒロシ at 11:20| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 角川スニーカー文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

機動戦士ガンダム 5
Excerpt: 機動戦士ガンダム 5
Weblog: DVD レンタル Check
Tracked: 2006-06-03 11:37
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。