初心者ブロガーにおススメ!

2006年03月26日

零崎双識の人間試験

零崎双識の人間試験零崎双識の人間試験
西尾 維新

講談社 2004-02-06
売り上げランキング : 13,066
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



今日はバイトの初日だ!!これから
バイトいっぱいしよう。なんだかんだ
でやっぱ初日は緊張するな・・・まあ
最初だし気楽にいけるように気持ちを
コントロールしよう。


戯言シリーズ本編は読み終わったがこの
外伝までは読んでいなかった。この作品
どの時期に読もうか迷っていた。クビシメ
ロマンチスト以降の話であるためその後か
本屋の並び順どうりに買って読もうか迷って
いたが本編全部読んでから読もうと思った。


まあある意味、正解だったね。出夢とか
人識が言っていた零崎一賊のもう一人の
生き残りとか一賊のこととか謎だったことが
全て解決した。


そしていーちゃんと人識の似ているようで
全然違うというところとかが書かれていたのは
よかった。いまいち半信半疑みたいでどうして
かと疑問に思っていたからな〜


そしてこの本の主役っぽい零崎双識いい奴
だけど変態ですね。いーちゃんみたく哲学
っぽいことをいいますね。そして初対面の
相手に妹にならないかというおかしい奴。
そして殺人鬼だけど家族思いのいいところ
もある。


そして無桐伊織この人物が零崎に変わって
いくところも謎の解明に役に立った。殺人鬼
の零崎も元は普通の人間だったのにいつの間にか
殺人鬼になるってイメージだったので・・・
まあこの本読んで思ったことは完全に零崎に
変わるっていうことがどういうことか分かった。


ここでも名前は出なかったが潤さんが最後に
登場します。戯言シリーズの最後はやっぱ
彼女が出てくるのね。


人気blogランキングへ←クリックサンキュゥ♪(o ̄∇ ̄)/
posted by ヨシヒロシ at 13:05| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(6) | 講談社ノベルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私もこの本はいつ読もうかなぁ、って迷いました。結局我慢出来ず最終三部作の前に読みました(;^_^A

『零崎』ってやっぱ他の殺し名と違いますよねー、血が繋がってなくてもホントの家族以上の結束力!本編の時間で『零崎一賊』はほとんどいなくなってたから零崎好きな(笑)私にとってこうやって外伝として色々な『零崎』たちを出してくれるのは嬉しいです。本編で語られなかった事とか改めて判ったこともあって面白かったデス。    ホント戯言シリーズは誰が主役でもおかしくない魅力的なキャラばっかりだなぁって思います。
でもやっぱ最強なあの御方が一番魅力的かなぁ\(^O^)/…長文、失礼しました〜!
Posted by Shino at 2006年03月26日 14:04
Shinoさんコメントサンキュゥ♪(o ̄∇ ̄)/


戯言シリーズの中でもっとも嫌われているといったら殺し名零崎ですが本編ではその零崎の異色と言われている人識だけですからよく分かってなかったがこの本読んでなんとなくその意味が分かりました。歩く災害みたいな零崎そのくせ身内思いなためきりがない・・・


振り返ると戯言シリーズはこんな魅力的なキャラがいっぱいだったな〜なんて思っちゃいますよ!!
Posted by ヨシヒロシ at 2006年03月26日 14:53
どうもです。
こちらも喜んでリンクをはらせていただきます。

個人的には、やっぱり「戯言」のキャラといったら零崎人識ですよー。彼は最高です。

アルバイト頑張ってください。
Posted by hitsuzi at 2006年03月26日 15:58
hitsuziさんコメントサンキュゥ♪(o ̄∇ ̄)/


バイトがんばってます。戯言キャラ人識あんま出番がないくせにかなりの存在感がありなおかつ殺人鬼の癖に面倒見がいいところがいい!!
Posted by ヨシヒロシ at 2006年03月26日 23:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/15507622

この記事へのトラックバック

[西尾維新] 零崎双識の人間試験
Excerpt: "殺し名"の序列三位の殺人鬼の一族。零崎。 その長兄であり"二十人目の地獄"とも自身の武器名の"自殺志願" ― マインドレンデル ― とも呼ばれる零崎双識が、行方不明の弟、零崎人識を探す旅。 その途..
Weblog: booklines.net
Tracked: 2006-03-26 13:41

零崎双識の人間試験/著:西尾維新【講談社ノベルス】
Excerpt: あー、これで戯言関係の書物を終えてしまったよぅ。悲しいよぅ。これも違った視点から書かれていて面白かったんだもんさ。 あらすじ。 零崎双識《ぜろさきそうしき》は弟の零崎人識《ぜろさきひとしき..
Weblog: 字遊室
Tracked: 2006-03-26 17:32

零崎双識の人間試験     西尾維新
Excerpt: 「さて、それでは」零崎双識が――二十人目の地獄が――自殺志願が――「零崎を、始め
Weblog: 48億の個人的な妄想
Tracked: 2006-05-28 09:54

(書評)零崎双識の人間試験
Excerpt: 著者:西尾維新 「戯事」シリーズの番外編にあたる作品でタイトルのように零崎一賊が
Weblog: たこの感想文
Tracked: 2006-05-29 19:47

ノベル「零崎双識の人間試験」感想
Excerpt: 「零崎双識の人間試験」☆×5 講談社ノベルス:著・西尾維新 “新青春エンタの最前線!「さあ、零崎を始めよう」” 【「零崎一賊(ぜろざきいちぞく)」――それは“殺し名”の第3位に列せら..
Weblog: すたじおG
Tracked: 2006-11-03 10:03

零崎双識の人間試験 感想
Excerpt: 零崎双識の人間試験西尾 維新 take 講談社 「零崎一賊」―それは“殺し名”の第三位に列せられる殺人鬼の一族。 その長兄にして切り込み隊長、“二十人目の地獄”にして奇怪な大鋏“自殺志願”の使..
Weblog: ライトノベル・漫画が好き☆
Tracked: 2007-02-07 00:16
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。