初心者ブロガーにおススメ!

2006年03月31日

BLACK CAT最終話「気ままな猫」

今日からまたバイトだ。二日間
休みをいれてからのバイトだ。
なんかやること忘れている気がする。
昨日、ACE2も買ったので金がないし
来週は入学式があったりして忙しく
なるというか休みが終わってしまう・・・


BLACK CATの最終話、すべての主要キャラ
が全員出てきましたね。死んだものも
幻影みたいだが確かに登場した。


最初はトレインたちが劣勢になっているかと
思いきや全員無事にエデン内に突入した模様
そしたら倒したはずの敵が復活した。どうやら
エデンある限り死なない体らしい・・・
そしてスヴェンとトレインはイヴを救いに
最上階に行きそのほかの面子はみんな彼ら
を援護します。キョウコは一緒に行こうとしてたが・・・


そしてメイソンがいるところまでたどり着くが
やはりメイソンは強かった。そしてメイソンから
計画の全てを聞いていたらやっとクリードが
登場したよ。


そしてスヴェンはイヴがいるところまで到達
するがトレインはザギーネだっけか戦い方を
教えてくれたあの人が登場した。そして
本当の意味でトレインは暗殺者としての自分
に打ち勝ったのではないか。


そうしてトレインたちは見事にイヴを救い出す
がそのときトレインの姿はどこにもなかった
ようだ。そしてそれぞれの道をいくメンバーたち
そしてトレインはサヤらしき幻影に町ですれ違う
ところがあった。イヴは助け出せれてスヴェンと
トレインを探し続けているようだ。


この作品なかなかおもしろかったのではないかな。
バトルシーンがよかったな。クリード対トレイン
とか、最初の頃はクリードの変態っぷりがよかったが
なんかラストではエキドナを心配してたりして
いい感じなカップルになってたが・・・


結局、エデンがなくなってゼロナンバーズとか
はどうなったかが分からないままだが死んだのかな
って疑問もあるがそういうのは分からないほうが
いいかもしれない。


人気blogランキングへ←クリックサンキュゥ♪(o ̄∇ ̄)/
posted by ヨシヒロシ at 14:30| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(10) | BLACK CAT  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月30日

かしまし〜ガール・ミーツ・ガール〜第12話「やがて恋が始まる」

昨日からサークルの練習試合が
終わった後、そのまま友達の家に
行っていたのでこの時間まで
更新するチャンスがなかった。


練習試合のあとの飲み会はかなりハード
だったし、そのあと友達と映画いくとか
話しになってそれなら泊まるという
展開になってしまう。


かしましついに最終回いろんなことが
あったがついにはずむは決断をする。
とまりではなくやす菜を選ぶという
ことを・・・そしてとまりと一日限りの
デートをする。


だから大半はとまりとはずむのデート
だった。はずむたちは本当に楽しそうだった
が時間が経つにつれて別れが迫っていくに
つれて本音が出てくる。


そして幼少の頃のはずむととまりの話は
はずむにどうして恋心を抱いたかが
分かった。そうしてその頃のはずむは
永遠にとまりの胸のなかでいき続ける
ようだ。


そしてそんなとまりにあゆきは最後まで
いい相談役そして親友として彼女を
思ってくれてました。


そしてやす菜にもとに向かい傍にいてほ
しいといい。やす菜は人を認識できる
ようになった。


そして宇宙仁が愛とはなにかを語っていました。
こいつがはじめてまともなことを話した
気がした。


そしてジャンプゥからの涙の贈りものは
光の雪でした。彼女も別れのときがきて
しまった。


そしてエピローグ明日太やっぱり最後まで
とまりに蹴りツッコミされましたね。
並子先生もあいかわらずだし、みんな
楽しそうだった。


しかし気になるのは幸せそうなはずむと
やす菜だけど気になる「あのね」って
なにを言おうとしたのか。そしてあの石
を上を渡って・・・


続きがあるのかなこの物語は・・・

人気blogランキングへ←クリックサンキュゥ♪(o ̄∇ ̄)/
posted by ヨシヒロシ at 22:41| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(47) | かしまし〜ガール・ミーツ・ガール〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月29日

アカギ最終回「狂気と闇と」

明日は朝からサークルの用事が
あるのでリアルタイムでアカギの
更新をしたいと思います。だから
エンジェルハートの更新は
今週はやめます。


アカギ前半はアカギ圧倒的優勢と
いうか鷲巣は疑心暗鬼に陥り読みが
裏目、裏目、裏目そしてダウン
かなりグロッキーな模様!!


アカギはいまだに勝負を続行意欲が
あるようだ。あろことかアカギは
自分の血液を洗面器に放棄そして
タバコをいれ使えなくした。


安岡たちは勝負ありと思っていたらしく
アカギの行動に理解が出来ない模様!!
あくまで常人の考えで忠告するが
彼らから見れば狂人に見えるみたいだ。


ざわざわがついにでできた。そしたら
いきなり1999年になってる!!そして
この戦いは後に伝説となるとか言いやがった!!
おいおいそんなのありかよ・・・


鷲巣が無様に負けるところが見たかったのに!!
やはりアカギは鷲巣戦のときより前のほうが
おもしろかったな・・・結果は漫画を読めって
ことか・・・


というか鷲巣まだ一億円残していやがった。
せこいあくまで余力を残して戦っていたのか。
鷲巣麻雀が鷲巣にとって狩りといったたとえは
的を得ていたな。


本当の鷲巣も見てみたかったけど・・・
終わりじゃしょうがないか・・・
全体とおして見て麻雀のおもしろさが
分かった気がします。


だまし、戦略、そして運この三つが
麻雀にとって重要なことなのだと
アカギを見て思った。


人気blogランキングへ←クリックサンキュゥ♪(o ̄∇ ̄)/
posted by ヨシヒロシ at 02:23| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(8) | アカギ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Fate占い

アカギの最終回まで暇があるので
いつものようにブログを巡回してたら
いろんなサイトでFate占いなどと
いうものがあったのでついでに自分も
やってみた。


結果は・・・


人気blogランキングへ←クリックサンキュゥ♪(o ̄∇ ̄)/続きを読む
posted by ヨシヒロシ at 01:16| 東京 ☁| Comment(1) | TrackBack(1) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月28日

灼眼のシャナ第24話「紅蓮の想い」

今日は朝起きるのがちょっと
つらかった。もう少しで学校が
はじまるので体内時計をコントロ
ールしなければ・・・いつまでも
12時ごろ起きるのはまずいだろう・・・


はぁ〜ついにアニメの灼眼のシャナも
最終回になりました。このアニメだけ
なぜかBIGLOBEで見れたのでアニメの
感想も気合が入ったものです。


原作も今のところ全巻持っている小説
そしてアニメと楽しませてもらいました。
小説と大体、同じような展開を見せつつ
最後はまったく違う展開になり驚いた。


教授が一番おもしろい徒だったな。
その前ではオルゴン、ウィネあたりもなか
なかおもしろかったが教授に比べれば
月とスッポンくらいの差だったな・・・


教授、結局はなにがしたかったのが
分からなかったな・・・存在の力の飽和
状態が気に入っていたみたいだが分からない
から実験するそして結果自分が死ぬかもしれない
ということを忘れるやつですからね。


そしてフレイムヘイズと三本柱の戦いは
マージョリーさんとシュドナイ以外は
苦戦してたな・・・ヴィルヘルミナと
ベルペオルこっちは終始ベルペオルが
優勢こんなに強かったとは・・・
そしてラスボス、へカテー存在の力を
膨大に所持しているためか最初のほうは
無敵じゃなかったか?


結局、悠二に自分の記憶で満たしている
だけでそれは自分の想いではないとか
言われ痛いところをつかれ暴走そして
悠二が捕らわれていた機械をシャナが
壊して悠二復活!!そして吸血剣で
悠二が完全に存在の泉を作る装置を
破壊する。悠二も宝具を使うことがで
きるぐらいまで成長したのか・・・


結局、へカテーの暴走でシュドナイが
守るため戦闘を中断そしてベルペオルも
潮時と撤退して教授も脱出装置で逃げる。
ヴィルヘルミナ放心状態だったがマージョリー
さんに助けられる。


そして町にあふれた存在の力を消費するため
アラストールの顕現させる天破壌砕を使い
町は無事だった。へカテーはシュドナイが
守ったそしてシュドナイがやさしく声をかける。
他の面子もほとんど無事だったな。シャナは
ついに悠二に好きといえるくらい成長したな。


そして目を覚ますシャナの隣には悠二がいた。
何気に悠二の持っている日よけの指輪だっけ
あの宝具かなりすごくないかと思った。そして
いつものシャナと悠二に戻っていましたね。


そしてEDそこにはいつもの風景が佐藤家で
酒を飲むマージョリーさん、悠二とシャナを
送り出す千草さんとその隣にヴィルヘルミナが
いた!そして学校では久々に登場した池が
勝負するかもと意味深な発言そして吉田さんと
シャナは二回戦に突入宣言!!


そして映画製作決定ですか。小説から始まって
映画化までするとは結構、希少なケースでは
ないだろうか。シャナがここまでの作品になる
とは小説の一巻読んでいたころにはまったく
思いませんでしたよ。イラストが気に入って
衝動買いした作品がここまでの作品になって
うれしいです。


人気blogランキングへ←クリックサンキュゥ♪(o ̄∇ ̄)/
posted by ヨシヒロシ at 14:52| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(47) | 灼眼のシャナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月27日

狼と香辛料

狼と香辛料狼と香辛料
支倉 凍砂

メディアワークス 2006-02
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



最近、だんだん温かくなったな。
だけどまだ夜は風が冷たいな・・・
桜はきれいに咲いてますね。
もうすぐ入学式ですがそのころには
ほとんど咲いているでしょうね。


戯言シリーズを読み終わって久しぶりに
電撃文庫の作品を読みました。最初は
3月の新刊を買おうかと思ったが電撃小説
大賞作品を読んでなかったのでその中で
もいろんなサイトとかで好評のこの
狼と香辛料をチョイスしました。他の
作品もおいおい読みたいと思います。


この作品はファンタジーなんですかね?
行商人ロレンスと豊作を司る神ホロとの
旅が物語となっていますがヒロインのホロ
賢狼ホロとか神と言っているが全然そんな
感じがしなくしゃべり方も独特で素直な
感じで今まで読んだ本のなかでホロのような
ヒロインがいる本はまだ読んだことが
なかったから新鮮だったというべきかそんな
感じで読めた。


そして主人公のロレンスが行商人であるため
いろいろ取引とか交渉ときに脅しと暴力では
なく行商人の武器の話術を使ってピンチを
切り抜けるところがいいね!!


現代で言うと営業しているサラリーマンの
ようだがそれでいてホロと出会ってしまい
彼女の知恵にときに驚かされたりからかったり
商人魂というものをロレンスから感じました。


最初ロレンスはホロに対してかなり警戒して
いたが一緒にいるにつれて確かな信頼が生まれ
助け、助けられたりしていいコンビになりました。
そして最後のほうでやっとなんで狼と香辛料なの
かがようやく分かりました。


だまし、だまされピンチをチャンスに変える
そんな物語。そしてこの行商人と賢狼の物語
できれば続刊してほしいな。


人気blogランキングへ←クリックサンキュゥ♪(o ̄∇ ̄)/
posted by ヨシヒロシ at 13:37| 東京 🌁| Comment(7) | TrackBack(12) | 電撃文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月26日

零崎双識の人間試験

零崎双識の人間試験零崎双識の人間試験
西尾 維新

講談社 2004-02-06
売り上げランキング : 13,066
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



今日はバイトの初日だ!!これから
バイトいっぱいしよう。なんだかんだ
でやっぱ初日は緊張するな・・・まあ
最初だし気楽にいけるように気持ちを
コントロールしよう。


戯言シリーズ本編は読み終わったがこの
外伝までは読んでいなかった。この作品
どの時期に読もうか迷っていた。クビシメ
ロマンチスト以降の話であるためその後か
本屋の並び順どうりに買って読もうか迷って
いたが本編全部読んでから読もうと思った。


まあある意味、正解だったね。出夢とか
人識が言っていた零崎一賊のもう一人の
生き残りとか一賊のこととか謎だったことが
全て解決した。


そしていーちゃんと人識の似ているようで
全然違うというところとかが書かれていたのは
よかった。いまいち半信半疑みたいでどうして
かと疑問に思っていたからな〜


そしてこの本の主役っぽい零崎双識いい奴
だけど変態ですね。いーちゃんみたく哲学
っぽいことをいいますね。そして初対面の
相手に妹にならないかというおかしい奴。
そして殺人鬼だけど家族思いのいいところ
もある。


そして無桐伊織この人物が零崎に変わって
いくところも謎の解明に役に立った。殺人鬼
の零崎も元は普通の人間だったのにいつの間にか
殺人鬼になるってイメージだったので・・・
まあこの本読んで思ったことは完全に零崎に
変わるっていうことがどういうことか分かった。


ここでも名前は出なかったが潤さんが最後に
登場します。戯言シリーズの最後はやっぱ
彼女が出てくるのね。


人気blogランキングへ←クリックサンキュゥ♪(o ̄∇ ̄)/
posted by ヨシヒロシ at 13:05| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(6) | 講談社ノベルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月25日

BLACK CAT22話「楽園の猫」

最近、もう学校の周りとか桜が
ちらほら咲いていますね。やっぱ
一年の中で一番この時期がくると
今年もスタートかって気がして
身が引き締まります。


BLACK CATももうすぐ終わっちゃうのか。
なんだかんだで結構、見てたな・・・
原作のネタをひっぱりながらもあくまで
アニメオリジナルな展開にもっていき
最後はまったくのオリジナルになりましたね。


エデンなんだありゃーメチャクチャなんだ
けど・・・戦闘機がイヴの世界では毒蛇に
見えていたり花火が象さんの足踏みだったり
トレインとスヴェンがおかしの家ですか。


エデンの外見は正直、気持ち悪い。移動要塞
って感じですかね。あれどこから内部に侵入
出来るのかな〜?なんて疑問に思ったり
第二形態があんなんだから最終形態はどんな
のだろうな〜とも思った。


クリード、エキドナ以外の生きている星の
使途が全員集合しましたね。まあ都合よく
メンバーが通るところにいましたね・・・
リオン、キョウコ、シャルデンそれぞれ
活躍しましたね。


リオンは花火を持ってきてシャルデンは
エデンをおびき出す場所を提案したり
キョウコは花火に火をつけたりと三者三様
の活躍をしましたね。


そして突入し迎撃にゼロナンバーズやおそらく
道で作った怪物たちクロノスの連中はクロノス
で戦うみたいだ。でもゼロナンバーズなんか
影が薄いっていうかなんか同じナンバーズでも
セフィリアたちのほうが強そうなんだよな。
そして犬がしゃべったもうなんでもありですね・・・
一話見逃したので名前が分からない・・・


人気blogランキングへ←クリックサンキュゥ♪(o ̄∇ ̄)/

posted by ヨシヒロシ at 13:22| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(9) | BLACK CAT  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月24日

かしまし〜ガール・ミーツ・ガール〜第11話「やす菜の瞳から消えたもの」

今日は朝から腹が痛い・・・
なんか悪いモンでも食ったか?
昨日は全て外食だったんだけどな〜
家の食材があったたんなら心あたり
はあるけど・・・


些細な誤解から始まってしまった。
今回のけんかとっても悲しいもの
でした。友達に裏切られたと思った
やす菜が先に手を出しとまりもビンタ
を返す。そうして互いに不満を爆発
させる。


そしてそのショックでやす菜の瞳から
はずむやとまりまで消えてしまう。
男を見ることができない症状が悪化して
ついに人間そのものを視覚で識別できなく
なっていた。


そして宇宙仁の観察対象がまさにその
症状の改善だったとは驚きだ。そして
成果があがらないので自分の星に帰る
とか言い出した。そのためジャンプゥ
ともお別れみたいだ。


そしてとまりも決意してはずむと話すが
やす菜のことで頭がいっぱいなはずむは
冷たく当たってしまう・・・そしていつも
いいタイミングであらわれる親友あゆき
そしてとまりの泣き顔を見てはずむが
笑っている姿を見て彼女も一言いう決意
をしたようだ。


はずむは現実逃避がしたいっぽく明日太と
遊ぼうとします。明日太にとってはラッキー
な出来事だったが結局いつも報われないのが
彼のおもしろいところです。そして同じ鉢
に二本の苗が生えていた。どちらか一方を
間引くのが両方を枯らせなくするために必要
なことだがはずむは同じくらいのそれを間引く
ことが出来ないでいた。


そしてあゆきが来て一本とってしまう。それを
例にとり今の現状を現実をはずむに言う。つまり
どちらかを選ばなければ両方とも枯れてしまう。
はずむはそれでもまだどちらも傷つけたくない
と言っています。


はずむが迷っている間、やす菜ととまりは最初に
出てきたあの丘で会いやす菜は秘密を告白し
とまりはやす菜こそがはずむにふさわしいと
言いどうやら諦めてしまった模様そうして
いつのまにか和解していた。


人気blogランキングへ←クリックサンキュゥ♪(o ̄∇ ̄)/


posted by ヨシヒロシ at 14:01| 東京 ☁| Comment(4) | TrackBack(41) | かしまし〜ガール・ミーツ・ガール〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月23日

エンジェルハート第23話「出発(たびだち)のメロディー」

今日はバイトのため銀行行って
口座をつくってっきた。初めて
自分ひとりで口座を作りにいった
ので若干緊張していましたが
案外、簡単でした。なんか徐々に
大人になったな〜と実感しています。


そしてサークルのポスター作りも
手伝いました。なんか焼酎の銘柄を
書いてるポスターが多かったような
気が・・・て言う私も大五朗とかいた
のですが卓球サークルなのであんまり
書いてはいけないような気がしてきて
います。


エンジェルハート4話分も使った夢ちゃん
編とでも言いましょうかそれがやっと
終わりました。いい話でしたな〜香が
あの乱暴者が母親の愛として物語に
多大な影響を及ぼしましたね。


夢ちゃんに自分を撃てというシャンイン
そしてリョウは撃つ相手は俺だというところ
完全に親子ですね。いい父親になってますよ
リョウは・・・


でもリョウはリョウでしたね。遥に行かないで〜
と涙ながらに引き止めるところとか・・・
夢ちゃんとシャンインは事件のあと微妙な
距離感だったがリョウの後押しもあり友人と
して和解そして夢ちゃんは旅立ちました。


そうしてシャンインは他のことに目を
向け始めました。そうしてだんだん人間
らしさが身についてきました。シンホン
との仲は進展がなさそうでしたが・・・
シンホンギャグキャラ確定してきましたね。


海坊主もリョウを真人間にしようとしてまし
たし冴子も久々の登場!!旧知の仲らしく
リョウとシャンインの変わりようはうれし
そうですね。


最後にシャンインを背負うリョウは
父親がいたについてきたって感じですね。
そして香の幻影との会話はよかったな・・・
リョウの本音もう愛する人をなくしたくない
は特によかった。


罪の償い方って難しいですね・・・

人気blogランキングへ←クリックサンキュゥ♪(o ̄∇ ̄)/
posted by ヨシヒロシ at 17:09| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(2) | エンジェル・ハート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月22日

アカギ第25話「殺意の誘惑」

今日はやっとこ体調がよくなって
きたな・・・今日は銀行で口座を
作る予定だったが起きるのに失敗
した。銀行って3時にはしまっちゃう
だよね・・・やっちゃった。


アカギ最終回が近いのになんかまだ
終わんなさそうな感じだ。鷲巣は
最初すっごいオーラを放っていた。
fateのアヴェンジャーの残骸っぽい
のが鷲巣の背後から出ていた。


がアカギもすさまじいオーラをだし
鷲巣のオーラをかき消した・・・そして
鷲巣イーピンを取ることができず・・・
そしてイーピンは安岡の手に来る。


アカギはアカギですごかったらしい。
解説によると有効牌を五回くらい連続で
引き当てたようだ。だがゴールの道のり
は遠かったがあることをすることによって
スピードを上げることができるとか
言ってたな・・・


そして安岡がイーピンを引いてアカギが
動いた。ポンとかチーをして鷲巣に回さず
最後にアカギがイーピンを切るときの
鷲巣はおもろかった。しかし頭ハネしちゃう
安岡。頭ハネって言われてもよく分からないが
安岡のほうが優先させたのは分かりました。


あのときイーピンを積もれなかったのが
鷲巣の限界あのまま鈴木に差し込ませて
いればよかったらしい。まあ普通はそう
考える。殺すことより勝つことを優先
させるだろう。鷲巣の目の下のくますごく
なってきましたね。発狂して死にそうですよ!!


そして鷲巣の化けの皮がはがれていく!!
金という鎧でガードしていたものがなくなる
につれ本当の自分が出てきてしまっている。
殺したいのではなく殺されたくない死にたくない
から殺したいのだと思っている鷲巣の本当の顔!!


そしてこうなってしまうと鷲巣の読みは
空回りそしてアカギの読みどうり展開か??
もはや鷲巣はアカギの敵ではないと思って
いるのだがまだ少しは挽回なるのか鷲巣!!
来週、最終回吸血麻雀に決着か???


人気blogランキングへ←クリックサンキュゥ♪(o ̄∇ ̄)/
posted by ヨシヒロシ at 14:31| 東京 ☁| Comment(1) | TrackBack(5) | アカギ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月21日

灼眼のシャナ第23話「星黎殿の戦い」

卒コンが今日の5時までやった・・・
まじチョー眠かった・・・酒は
あんまり飲まなかったが睡眠不足
になった。まあこれで卒業してしまう
4年生の先輩とは会う機会がほとんど
ないので最後まで起きていたが
家に帰ってお風呂入って寝るころは
7時になっていた。早起きの人とかの
起きる時間じゃ造ーか!!


でも起きてとりあえず腹が減ってなかった
のでシャナを見ました。いや〜もう終わっちゃ
うのか・・・最終回は時間が足りなそうだな。
まあ凝縮するでしょうけど・・・


先週は星黎殿に突入するまでですが今週は
主に星黎殿の中の戦いと御崎市の変化でした造。
星黎殿では教授の仕掛けと量産型ドミノが
いっぱいいましたな。しかも力を吸い取り
その奪った力でドミノを動かすとは教授アホ
だがバカではないんだよな〜実験バカですが。
エェクセレント!!が口癖でも今回戦う相手が
いないから逃げるのかな???


そして御崎市は・絶してるから影響はないんだ
ろうけどどこもボコボコに壊れ損めました造。
そしてマージョリーさんやっぱり戻ってきた!!
佐藤、田中うれしそうそして星黎殿に突入して
教授の仕掛けあっさり破壊!


そしてシュドナイ、ベルペリオルが出多シュドナイ
は戦った姿があったがベルペオルは小説でも
戦ったようなことが書かれていなかったのでなんか
楽しみ。鎖を使っていたけど頭を使った戦い方を
しそうなのでどんな自在法を使うのかが楽しみだな。


そして今だ戦闘能力が分からないのがヘカテー
強いとは思うけどどう見ても戦闘向きでは
ないよな??


シャナはフレイムヘイズとして使命を果たし
シャナとして悠・を助けると言った。そして
悠・は記憶を遡りながらシャナをただのフレイム
ヘイズではなくしたのは自分だと気付き今までの
自分はシャナをただのフレイムヘイズとしてしか
見ていなかったことにやっと気付いた。


来週で最終回か・・・長かったようで終わりが
来週だと思うと短かったな〜って思います。


人気blogランキングへ蔵クリックサンキュゥ♪(o ̄∇ ̄)/
posted by ヨシヒロシ at 18:54| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(27) | 灼眼のシャナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月20日

ネコソギラジカル(下)青色サヴァンと戯言遣い

ネコソギラジカル(下)青色サヴァンと戯言遣いネコソギラジカル(下)青色サヴァンと戯言遣い
西尾 維新

講談社 2005-11-08
売り上げランキング :
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



今日は大学の卒業式だった。サークルで
お世話になった4年生の先輩たちに
花束とか写真とか撮ったりと仕事が
いっぱいだった。人が大勢いたため
先輩たちを探すのさえかなり苦労した・・・


そしてこの本もいよいよ終焉を迎える
ことになりました。卒業式にこのネコソギ
ラジカル下の感想を書くとは・・・
ついについにフィナーレを迎えてしまった
戯言シリーズ今まで読んだ本の中で一番
意外なラストがとても印象に残っています。


序盤からいきなりの展開!!友との決別
そして真心の暴走そして最強の復活と
上、中で温めておいたのがここで爆発した
って感じでした。


いーちゃんと零崎との男同士の会話!!
感慨深いものがありました。零崎一賊の
こととかもちょっとでてきます。そして
気になるまだ生き残っている零崎が人織
いるらしい・・・


狐さんといーちゃん因縁の対決も決着が
つきます。狐さんははた迷惑な存在だったが
憎めない奴だったな・・・世界の終わりとは
彼にとってどんなものだったのか?高すぎた
理想だったのではと私は思いました。


そして最後はやっぱり哀川潤でしめましたね。
脇役なのに主役並の活躍をいっつもします。
ひどいようで身内にやさしく気さくでそして
とってもお人よしな人類最強の請負人!!
彼女はやっぱり最強だった・・・


そして最後はハッピーエンド!!多くのものを
失いながらもかけがいのないものを得ることが
できたいーちゃん本当によかったな。


いーちゃんの成長が物語りの軸になっていたの
かな??やさしすぎるいーちゃん・・・どんなに
冷たい態度をとっていようとやっていること
がやさしさを示していたんだなとこの最終巻を
読んでやっと分かりました。


祝、完結!




人気blogランキングへ←クリックサンキュゥ♪(o ̄∇ ̄)/



posted by ヨシヒロシ at 14:55| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(6) | 講談社ノベルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月19日

ネコソギラジカル (中) 赤き征裁VS.橙なる種

ネコソギラジカル (中) 赤き征裁VS.橙なる種ネコソギラジカル (中) 赤き征裁VS.橙なる種
西尾 維新

講談社 2005-06-07
売り上げランキング : 8,214
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



昨日、一昨日のせいかなかなか
眠れなかったのでつらかった・・・
なかなか体のなかの体内時計を
正常にするのって難しいな・・・


戯言シリーズも残りこの巻をいれて
あと2巻しかない・・・この作品には
いつも驚かされてばかりだった。
閉鎖空間で可能になる殺人とか停滞
するいーちゃんと友、殺人鬼、殺し屋
人類最強、最悪そして十三階段いろんな
変人、奇人が登場してそして消えていく。


そしてこのネコソギラジカル中では狐さん
がいやな月の10月がきてそして人類最終の
存在想影真心が物語りをさらに加速させる。


そして真心によってまた多くの登場キャラが
殺されたりする。そして真心にとって唯一の
鞘がいーちゃんだった。真心はとんでもない奴
だけどそれと同じくらいいい奴だった。


そして友といーちゃんの関係も加速していく。
やっと友を巻き込む決意をしたいーちゃん
そしてこの騒ぎが終わったらという条件で
告白までしちゃうがそれはいーちゃんが成長
するということで友にとっては破滅を意味
していた。


そして死んだと思われた人物が真心のほかにも
生きて登場する。それは人間失格です。物語に
たた話のうちには登場するが生死が不明だったが
おいしいところでまた出てきます。脇役として
これほど存在感があるのは彼が一番だと私は
思った。


今までと違いミステリーというより物語の
終焉というのが感じられるネコソギラジカル
あと一巻で終わってしまうのが楽しみであり
さびしいな・・・


人気blogランキングへ←クリックサンキュゥ♪(o ̄∇ ̄)/

posted by ヨシヒロシ at 14:46| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(5) | 講談社ノベルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月18日

BLACK CAT21話「爪を研ぐ猫」

昨日は三次会まで行き家に
帰ったのが3時それから気持ち
が悪く寝たのは5時くらい今日
目が覚めたのは3時だった・・・
昨日は三回吐いたけど明日の
卒コンは生きて生還できるかな〜


ブラックキャット一話見逃しただけ
なのに話がオリジナルの展開に
なっているため状況が最初つかめ
られなかった・・・


イヴはもともと生体兵器としてはなく
エデンのコアみたいな役割だったのね。
クロノスもメイソンにより壊滅状態らしく
残ったナンバーズも残りわずかナンバーV
って人ではなく獣だったんだ・・・


そしてトレインがスヴェンを殴りましたね。
仲間意識がそうさせたのでしょうね。以前は
スヴェンがトレインを殴ったことがあったが
これであいこですね。


そしてイヴの生みの親であるティアーユも
やっと登場しましたね。でも最初は
記憶喪失だったがそれは自己催眠をしていた
ためのようだ。そしてドクターの素性も
ティアーユつながりで判明!!


そして元星の使徒メンバーもそれぞれの
居場所に帰っていったようだ。クリードは
療養中といったところだが・・・


そして自体はイヴがエデンを発動してしまい
さらなる急展開になる。人が繭になっていく
そしてエデンに吸い込まれている。


その暴挙を止めてイヴを助けるためトレイン
は仲間を集めます。掃除屋同盟、クロノナンバーズ
そしておそらく元星の使徒たちも参戦するだろう
ラストは今まで登場したキャラがたくさん
出てくる予感がする。


人気blogランキングへ←クリックサンキュゥ♪(o ̄∇ ̄)/

posted by ヨシヒロシ at 17:16| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(12) | BLACK CAT  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月17日

かしまし〜ガール・ミーツ・ガール〜第10話「小さな嵐」

今日は一段と眠っていたな・・・
朝起きて2時とは恐れ入ったぜ!!
今日はサークルの飲み会だ。
追いコンというので4年生とは
これであと卒コンを残して飲めなく
なるので激しく飲みたいと思います。


かしましもなんかすっごい展開に
なってきましたね。今までギャグ
が多かったが確かに10話もおもしろい
ところがあったがなんかどんどん
泥沼に嵌っててる感じもした。


先週ではずむを傷つけたくないから
ひとまず休戦協定を結んだとまりと
やす菜だが誤解が誤解を生み出して
しまう。


いつもいる明日太、あゆき、宇宙仁
ジャンプゥがいないなかでの出来事
こればっかりは当事者同士が解決
しなければならない。こんなとき
あゆきがいればいいアドバイスを
すると思うのだけどな〜


とまりはやす菜を信じて水族館に
行かせ自分は合宿に行く。やす菜も
とまりとの約束のためなるべく
積極的にはずむにアプローチを
しない。


がとある駅ではずむが目を話たすきに
駅員に声をかけられパニくってしまう。
今思えばあの駅員は親切心で声を
かけたのにかわいそうだな・・・
そしてやす菜を落ち着かせるため
抱きしめるがそこをとまりに目撃
される。ここがそもそもの誤解を
生んだ元凶だろう。


合宿所に突然行くってのも非常識な
ような気がするが・・・


そうしてとまりのもんもんとしてた
ものがついに爆発する。それにしても
髪を下ろしたとまりはいつもより
女の子っぽくなりました。口調は
変わらないけど・・・


そして夜みんなが寝静まった後はずむ
を駅まで誘う。そうしてその少し経った後
やす菜も目を覚まし置手紙を読んで駅に
向かう。


そうしてとまりはあせりと不安をはずむに
話しそれを踏まえて諦めたくないと言い
やっとこキスをします。とまりにとっては
長い道のりだったのでは・・・そして
やす菜と対等になった気がします。


まあそこをやす菜見られてしまうのですが
うそつきと呼ばれてもしょうがないですが
恋は戦いといいますし今後どうなるのか???
とまりとやす菜の友情はどうなる???


人気blogランキングへ←クリックサンキュゥ♪(o ̄∇ ̄)/
posted by ヨシヒロシ at 16:19| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(38) | かしまし〜ガール・ミーツ・ガール〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月16日

エンジェルハート第22話「不公平な幸せ」

バイトの面接も終わり暇に
なりなんとなく新宿でも行って
見ようかなとか思ったらコマ
劇場の前がすごいおばちゃんの
人だかりが・・・なんかあったの
かな〜。


エンジェルハートって何話やる
のかな〜まだ最終回にはほど
とおい感じがするがもしかして
はじめの一歩みたいに長期に
わたってやるのかな〜


私てきにはこの今の夢ちゃんの
依頼が完遂したらそれで終わった
ほうがきれいな終わりかたかな〜
なんて思っています。


暗殺者としてのけじめをつけCHと
して生まれ変わるってのがいい!!
22話マッドの正体そして夢ちゃんも
真実を知った。


リョウもすでに目星をつけていたみたい
で夢ちゃんの家をはっていたのだな。
海坊主の電話を女の電話と勘違いさせる
のはリョウらしい。


そしてシャンインはあくまで夢ちゃんを
守る道を選ぶ。その先に待っているのが
殺されるかもしれないのに。


しかしやることは派手になったな。香の
心臓の影響か???車で突っ込むとは
しかもどこに誰がいるかも分からないのに


マッドは風間でしたか?怪しいとは思って
いたがまあお約束か???結局、なんにも
できずにやられるところがザコっぽかった。


でもシャンインのあのセリフはよかった。
殺すのいやだから一度は死んだ。だけど
香の心臓もらってパパができて幸せって
言ったときは感動したね。


人気blogランキングへ←クリックサンキュゥ♪(o ̄∇ ̄)/
posted by ヨシヒロシ at 21:11| 東京 ☔| Comment(2) | TrackBack(5) | エンジェル・ハート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ネコソギラジカル (上) 十三階段

ネコソギラジカル (上) 十三階段ネコソギラジカル (上) 十三階段
西尾 維新

講談社 2005-02-08
売り上げランキング : 8,494
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



今日バイトの面接に行ってきた。
なんかその場で採用された。こうも
あっさり決まるとは思わなかった。
まあなにはともあれバイトが楽しみだ!!


戯言シリーズも読んでもう7冊目そして
ついに物語の最終章になりました。
そしてその第一章がこのネコソギラジカル
上です。


今までとはちょっと違う作品の感じが
した。まるでいーちゃんの物語を語っている
といった感じだ。物語が加速する。


なので今までのように殺人事件を解決
するというより世界の終わりを見ようと
する狐さんと戯言使いのいーちゃんとの
対決といったところか。今回はしかも
誰も死ななかったし・・・


しかし徐々に物語が進むにつれいーちゃん
と関わりに会う者たちが集まっていく
まるで物語のスタートだといわんばかりに。
そして最後に世界の終わりそして物語の
終わり橙なる種、想影真心この物語の
終焉をよぶかのように登場し上巻はここまで。


人気blogランキングへ←クリックサンキュゥ♪(o ̄∇ ̄)/
posted by ヨシヒロシ at 12:48| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(6) | 講談社ノベルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月15日

アカギ第24話「魔物の意思」

今日二度目の更新!!そして
明日はバイトの面接だ!!
しかもバイトの面接人生初に
なります。電話するだけで
テンパッてた・・・う〜ん明日
大丈夫かな・・・心配だ・・・


まあそんなこんなで明日はいろいろ
大変だが昨日のアカギおもろかった。
鷲巣の顔がそしてイカレっぷりが・・・


あくまでアカギを殺すことそして自分で
イーピンをひくことにかなりのこだわり
をみせているがそれこそがアカギにとって
は隙ではないだろうか・・・


しかしあの鷲巣の強運はすごいドラを
ひきまくりですね・・・やはり怪物で
あることは認めましょう!!しかし
魔物はいつだって英雄に倒される
運命なんだけど・・・


しかしアカギの手が見えないのがつらい!!
いったいどんな手なのか。後ろのおっさんが
驚いていないのでまだテンパイじゃないのか??


鷲巣はアカギを風前の灯とかいっていたが
鷲巣もそうではないのか???最後に
炎は燃え上がるみたいな感じで今がある
みたいだ。


それと偽アカギちょっと出番がありましたね。
「死にたくない!!」って狂っていましたね。
哀れです・・・そして結局、死んだんですけど
例に使われるとは・・・


そして次週ついにアカギの反撃か???しかし
あの最後の場面、もうイーピンをひいても
おかしくないですね。カタカタとかいって
おちましたからね。運が引き寄せてるって
感じがしましたよ。


人気blogランキングへ←クリックサンキュゥ♪(o ̄∇ ̄)/
posted by ヨシヒロシ at 18:50| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(5) | アカギ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヒトクイマジカル―殺戮奇術の匂宮兄妹

ヒトクイマジカル―殺戮奇術の匂宮兄妹ヒトクイマジカル―殺戮奇術の匂宮兄妹
西尾 維新

講談社 2003-07
売り上げランキング : 9,469
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



今日はめっさ寝坊した・・・
起きたら1時かよ!!せめて11時
くらいには自力で起きられる
くらいにはなりたかった・・・


このヒトクイマジカル戯言シリーズ
のなかでもっともページ数が多く
表紙カバーが裏表あるなどかなり
こってるっていった感じで物語も
終盤に入っていって絶望ばっかりで
そして停滞していた話に少しづつ
希望のようなものが見えてきたの
ではないだろうか。


しかしここでいーちゃんは親しい人
を失くします。今までは初対面の
人が殺されてばかりでしたが今回
姫ちゃんが・・・


そしてついに登場した殺し名第一位の
匂宮兄妹!!妹の理澄と兄の出夢
二人で一人、一人で二人の人喰い
まあ兄の殺し屋というのがなければ
かなりおもしろいキャラだったな・・・
兄妹そろってアホだし兄貴はシスコンだし


そして事件は死なない研究をやっている
木賀峰助教授が実験場として指名した
西東診療所が舞台だ。そこのいたのは
死なない円朽葉でした。そしてそこに
行くと何故かいる匂宮兄妹たち


そして正体不明の狐さん登場!!
なにを考えているかよう分からん人
でどうやらこの物語りの重要人物で
はないだろうか???


まあ今回のトリックはすごい盲点だった
な。でも確かにヒントはあったな。気付く
のは無理だと思うけど最後まで読んで
その意味に気付きましたね。春日井さん
は話をおもしろくするために登場した
ようなもんでしたね・・・


ただ伏線が多かった話ですね。物語も
終盤に向かっている感じがひしひしと
感じました。


人気blogランキングへ←クリックサンキュゥ♪(o ̄∇ ̄)/
posted by ヨシヒロシ at 15:39| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(5) | 講談社ノベルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。