初心者ブロガーにおススメ!

2006年02月28日

クビシメロマンチスト―人間失格・零崎人識

クビシメロマンチスト―人間失格・零崎人識クビシメロマンチスト―人間失格・零崎人識
西尾 維新

講談社 2002-05
売り上げランキング : 12,156
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



今日はいつものようにBIGLOBEストリーム
で灼眼のシャナを見ようと思っていたが
なにやらライセンスがどうたらこうたら
で見れなかった・・・なのでまた本の感想を
書きます!!


実家ではさいたまテレビだったかが見れるので
どうせシャナ見れるしfateも見れるし
ある意味で最高の環境です。


戯言シリーズ第二巻のクビシメロマンチスト
ですがタイトルどおり殺害された被害者は
みな絞殺でした。いーちゃんの大学生活が
少し見られます。


そして時を同じくして人間失格・零崎人識
という殺人鬼が登場します。この零崎人識
殺人さえしていなければいい奴だなーと
思った。


そして事件はいーちゃんに声をかけた葵井巫女子
の仲のよい友人たちがどんどん殺されていきます。
正直、前作よりはえげつなくなかったが事件の
真相は深かった・・・


そして友人について考えさせられました。
そして私はこう思いました。交友関係は
バランスがいいようでとても崩れやすい
アンバランス差を持っているものだと思った。
よく考えてみればそんなの当たり前だと
思うがこういうことが現実でも起こりゆく
世の中になったから怖いな。


そして最後にいーちゃんが感情をこめずに
友に好きといい友も好きだと言っていますが
友も心からそれを言っているかが気になります。
彼らの交友関係もバランスがとれていそうで
ちょっとしたことで崩れるのではと心配です。


ただ最後まで読んどいて結局、X/Yの
意味がわかりませんでした。解読法は
たしか書かれていたが試していない。


人気blogランキングへ←クリックサンキュゥ♪(o ̄∇ ̄)/



posted by ヨシヒロシ at 18:39| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(4) | 講談社ノベルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月27日

クビキリサイクル―青色サヴァンと戯言遣い

クビキリサイクル―青色サヴァンと戯言遣いクビキリサイクル―青色サヴァンと戯言遣い
西尾 維新

講談社 2002-02
売り上げランキング : 3,227
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



今日は実家に帰って朝を
迎えた。そのためか朝やること
がなくて困った・・・なんか
パソコンやろうとも壊れているし
ゲーム、そしてビデオすらないし・・・
これから一週間滞在するわけだが
テレビ見るか読書ぐらいしかやること
がない・・・


そんな訳でもまあ講談社ノベルス本を
読んでいるので時間があったほうが
いいのだが・・・そして春休みをきに
読もうと思ったのが西尾 維新さんの
戯言シリーズです。


ライトノベルでは有名で私は高校生の
時に「きみとぼくの壊れた世界」を
読んでいずれは読んでみたいと思って
いた本だ。


主人公そして語り部のいーちゃんが
戯言を言いつつ事件を解決していきます。
そしてその相棒は玖渚友、彼女は工学の
天才です。


そして舞台は大金持ちの所有する島で
そこに集められた天才たちが事件の容疑者
であり被害者になります。


トリックに関しては頭の切れる人なら簡単に
見破れると思いますがすっごく釈然としない
ものでした。


そして最後に哀川潤によってすべての謎
本当の真実とでもいうのかそれが解明された
ときこの作品のすごさというものが分かった
気がします。


事件自体はいーちゃんと友が解決しますが
事件のすべてを解決したわけではない。
今まで読んだ推理小説では主人公が何でも
お見通しみたいになるがこの作品はそうでは
ない。


またいーちゃんのあり方、考え方がなんとなく
ですが気に入り、友の天真爛漫な姿がおもしろく
したのだと思います。あまりにも似ていない
二人だがどちらがかけてもダメというのが
作品から感じられました。


この作品の中に出てくる脇役たちも一癖も二癖
ある人たちばかりでなんとも自分は考えなし
にいきているんだなーと思ってしまった。


また天才というのはどうゆうことか考えさせられました。
今まで直接、天才と呼ばれる人たちと会話を
したことがないがもし機会があったら天才ってなんですか
と質問したいと思った。


人気blogランキングへ←クリックサンキュゥ♪(o ̄∇ ̄)/


posted by ヨシヒロシ at 20:27| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(3) | 講談社ノベルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月26日

9S(ないんえす?)SS

9S(ないんえす?)SS9S(ないんえす?)SS
葉山 透

メディアワークス 2006-01
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



今日、いきなり親が来て
そのまま実家に帰ることに
しました。


まあfateがいいところなので
今週中に帰ろうとは思っていたので
ある意味ナイスタイミングだった。


そのぶんブログの更新をネットカフェ
でやらねばならないので出費は
かかるがまあいいか・・・


今回紹介するのは9S(ないんえす?)SS
9Sシリーズ初の短編集である。
そして今までの9Sシリーズと違い
あのキャラたちがあんなことを
といったギャグが満載である。
まあ番外編といったところか。


でも由宇と麻耶の世間知らずっぷり
全開で大爆笑間違いなしです!!


そのほかにも八代と萩原との出会い!
アリシアVSあきらなど興味深く
また今後の物語に影響のありえそうな
アリシアの言葉など見所満載です。


由宇が女らしさを目指すということが
こういうこととはさすが世界最高の
頭脳、凡人の私にはそういう考えは
おもいつかなかった。目玉焼きに
あれほどなんとか理論とか使うとは・・・


麻耶も負けず劣らずすさまじかった・・・
そして怜の手際のよさはすごかった。
あの領域はすでに完璧超人でしょう。
そして岸田博士よくがんばった・・・


岸田博士いままでたくさん登場してたのに
挿絵がなかったが今回はじめて挿絵が
あります。


ぜひ今作で登場しなかったキャラを
使ってこういう作品が出てほしい!!


人気blogランキングへ←クリックサンキュゥ♪(o ̄∇ ̄)/
posted by ヨシヒロシ at 20:26| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(2) | 電撃文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月25日

9S(ナインエス)〈6〉

9S(ナインエス)〈6〉9S(ナインエス)〈6〉
葉山 透

メディアワークス 2005-08
売り上げランキング : 7,539
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



ようやく追試を終えて本当の春休み
になりました。しかし今日はなぜか
朝起きてびっくり午後二時!!
さすがにこれほど眠るとは思って
いなかった。


それにしても9S(ナインエス)あいかわらず
おもしろい!!6巻目となりついに峰島勇次郎が
出現する。そして様々な謎が解明されていく。
由宇の過去、闘真の過去そこには残酷な真実が
あった。


由宇がなぜ自由を求めないのか?という疑問も
闘真が何をきっかけで禍神の血を使えるように
なったか?という疑問が分かります。最初
闘真が何をきっかけで禍神の血を使えるように
なったかという疑問はあの事件だと思っていたが
どうして使えるようになったかという風に
考えてみるとその事件で何かがあったから
使えたという風に考えますが今の今までそういう風に
考えられなかった・・・


そして黒川と由宇の頭脳対決。由宇から何とか
遺産の情報を引き出させたい黒川と知識を
取られるのを阻止したい由宇との心理戦と
いうべきか白熱してた。


そして真実を知った闘真はついに禍神の血を
覚醒させたようだ。今までと同じように見えて
何かが違っている。そして七つの大罪の一人の
ベルゼブブを倒す。


そしてADEMの連中もそれぞれ反撃の機会を
狙っている。伊達たちもLEFTにシンクロした
小夜子は風間と対面するし、黒川に向けての
反撃も近い。


もう少しで物語りも終盤だろう。由宇と闘真
それに関わった人たちがどんな結末を
迎えるか楽しみです。


人気blogランキングへ←クリックサンキュゥ♪(o ̄∇ ̄)/
posted by ヨシヒロシ at 21:18| 東京 ☁| Comment(1) | TrackBack(1) | 電撃文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月24日

かしまし〜ガール・ミーツ・ガール〜第7話「みんなで海へ」

二週間ぶりにかしましを見た。
しかしあいかわらずおもしろい
です。今週は明日太が主軸だった。
やす菜、とまり、そして今週は
明日太で来週はあゆきととりあえず
はずむの周りの人たちの心の変化を
見る展開だな。


話は海に行くことになったはずむたち
これは父のギャグはないかと思ったが
海に行こうとして完全防備で出陣しようと
したが当然、連れ戻されます・・・


そして海に行く途中の電車の中、明日太は
あらためて気付いてしまう。はずむが
女の子になってしまい男は自分ひとり
だということにあれはつらいよな・・・
明日太のあの電車の中でのあの顔は
リアルだった。


そして海に着いたらジャンプゥと宇宙仁が
合流!!そしてなぜか並子先生がいる。
並子先生ジャンプゥが娘と言われショックを
うけて逃走するがすぐに戻ってきてジャンプゥ
を誘惑してる。


宇宙仁最初の水着あれはいつの時代の水着
かと思っていたがおかしいと思ってその
水着を破ったらふんどしですか?
あの宇宙人はなにを見てきたのだろうか???


そしてはずむになにかと意識してしまい
困惑する明日太その後はずむがナンパに
あっておりそのときはずむにその場かぎりに
自分の彼女だと言うことを言わせて自分が
女の子として意識していることに気付いた。


そしてあのカレー作りが来た。宇宙仁また
やった。裸エプロンありえねぇ〜いったい
どういう目をしているんだ奴は・・・
一応物語では傍観者の位置づけだろそれなのに
あれはないだろう・・・


そして明日太は決意を固めはずむに自分を
どう思っているのかを聞き、あらためて
親友でいようと思ったのだろう。そして
その光景を見たとまりに蹴りツッコミを
入れられる・・・


そして帰りの電車の中とまりは自分がはずむの
ことが好きだとやす菜に言います。
宣戦布告でしょうか?


人気blogランキングへ←クリックサンキュゥ♪(o ̄∇ ̄)/
posted by ヨシヒロシ at 12:20| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(40) | かしまし〜ガール・ミーツ・ガール〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月23日

エンジェルハート第19話「陳老人の店」

いや〜だんだんとエンジェルハート
もおもしろくなってきました。
今までは比較的シリアスな展開が
多かったので今週みたいな話が
出てきたのはとてもよかった。


朝飯を食うのが早すぎるシンホンと
シャンインそれは暗殺者として育った
ための習慣だ。


今週はそういう暗殺者としてではなく
普通の人間に戻るためのリハビリみたいな
話だった。


そして中華屋でバイトをすることになった。
陳侍従長の元で一生懸命働くシンホンとシャンイン
だがシャンインはどうもうまくいかない。
しかしシンホンは経験がありスムーズに
仕事をこなすことが出来る。


そうしてちょっと落ち込むシャンインだが
陳侍従長に少しずつ覚えればいいといわれ
がんばるのだがそこへ餅山たちが来て
料理にいちゃもんをつけて騒ぎを起こす。


もちろん餅山はグラスハートの正体を
知っているためあわてているがうまく
口が回らずそのままシャンインと
シンホンにあっさりぶっ飛ばされる。


そしてバイトが終わり朝が来て朝食を
食べるときシャンインはゆっくりと
リョウと一緒にご飯を食べた。


だんだん人間らしさがでてきたな
シャンインは・・・


人気blogランキングへ←クリックサンキュゥ♪(o ̄∇ ̄)/
posted by ヨシヒロシ at 16:03| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(3) | エンジェル・ハート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月22日

アカギ第21話「一縷の幻想」

今日、統計学の追試をうけにいった。
しかし教科書持ち込み可でも
手ごたえがなかった・・・
マジでおとしたくね〜教科なんだ
けど来年もあの授業だけは受けたくない
なんか理解できないんだよな〜


今週のアカギはっきし言って知識が
なくてついていけなかった・・・
しかしアカギが鷲巣にいっぱい食わせたのは
分かった。


しかし安岡が一番大変そうだったな〜
あいつが一番リスクが少なそうなのに
一番プレッシャーを感じていたんじゃない
のか???


アカギついに邪魔な牌の西を切ったが
それからが怒涛だった気がする。あれを
切るタイミングがあの場面だったから
鷲巣はアカギにだまされた感じだった。


誰もがアカギの死を覚悟していた中での
大逆転これが反撃ののろしとなるか???
命の危険のない鷲巣のほうが有利の
ように見えるがもはや技量の差は明らかだ。


鷲巣がこのままだとは思わないがそれすら
すでに無駄なあがきになるのではないか?
鷲巣は強運な引きと相手に死のプレッシャー
を与えることで強さを維持していたが
アカギに死のプレッシャーは無意味みたい
だし逆にお金も無限ではないわけで
そろそろアカギに恐れを抱いているのでは
ないか???


人気blogランキングへ←クリックサンキュゥ♪(o ̄∇ ̄)/
posted by ヨシヒロシ at 17:01| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(4) | アカギ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月21日

灼眼のシャナ第19話「戦いの中で」

なんか今週のシャナはあっさりと
終わってしまったな・・・小説より
ハイペースなのは分かるが19話ほど
早い展開はなかったと思う。


まあでもまだ教授の出番はあるみたい
だしいいか。あいかわらずキテレツ
だったがおもしろかった。相棒の
ドミノも声があってる感じがして
よかった。


最終的にはカムシンの作った巨人に
やられますが逃げ延びるだけなら
天才らしく期待を裏切らない逃げ方
でした。


そして佐藤と悠二こいつらの会話は
よかったと思う。悠二は死んだことを
話それをすごいという佐藤そこに憧れ
があるのかはまだ分からないが
そして最後は自分のやるべき場所に
行くこの流れがよかった。


そしてシャナと吉田さんはまあ普通だった。
しかし心の中ではどちらも互いを羨んでいた
のではないか。


そうしてフレイムヘイズ同士が合流する。
そのちょっと前に悠二はカムシンに会い
吉田さんを巻き込んだことを怒りますが
そこはカムシン冷静に誤ります。
だてに長年生きているわけではないようだ。
しかし少年の格好したやつにじじいって
言うのはちょっと気が引けるような・・・


しかし勝負はあっけなかったな〜ドミノ
変形させたはいいが意味があったのか???
教授も飛行船で虚をつきますが結局ドミノと
合体した意味がなく早々に敗退とは・・・
まあ本来の目的はできたようだが・・・


最後は無事カムシンと吉田さんのおかげで
調律が行われて歪みが直ったみたいだが
シャナは悠二が自分についてこないと思い
走り出し転んでその目の前に再登場
ヴィルヘルミナこんなにはやく登場するとは・・・


悠二は人間と吉田さんに言われたことが
うれしかったようだ。がしかしミステスで
あることも変わらない。人間のように
機能できるだけの宝具ともいうべきか。
そんな現実もあるのだけれどもこれから
約束の二人の片割れはアニメで登場するのかな???


だんだん原作と違ってきましたね。吉田さんに
正体がばれたとき原作だと最後はシャナが「うそつき」
といって悠二を言い負かすはずだったが・・・


人気blogランキングへ←クリックサンキュゥ♪(o ̄∇ ̄)/


posted by ヨシヒロシ at 18:04| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(44) | 灼眼のシャナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月20日

9S(ナインエス)〈5〉

9S(ナインエス)〈5〉9S(ナインエス)〈5〉
葉山 透

メディアワークス 2005-01
売り上げランキング : 11,251
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



はあ〜明後日は再テストだ・・・
予想してたとはいえやっぱりいやだ・・・
まあでも一教科だけなので2000円で
すむ。前期は三教科おとして6000円
だったからましか・・・今日からまた
おとさないようにしっかり勉強しよう!


本書ですが9S(ナインエス)シリーズで
一番おもしろいかもしれない。4巻も
お気に入りだったがこっちのほうはなんか
開放感があるというか物語の終盤といった
感じがあり徐々に由宇の父勇次郎に対する
嫌悪感の謎が解けていく感じがいい。
なぜという疑問が分かってくるところが
良かったと思う。


そしてまた曲者が登場!!その名は黒川謙だ。
真目不坐より黒いものを感じる。そして
ADEMの司令官である伊達ともなにかありそうだ。
そしてもう一人はアリシア・新井である。
彼女は彼女の目的があって日本にきて結局
ADEMに協力することになるが彼女の目的が
最後の結末に大きな影響を与えるのでは?と
思っている。


由宇と闘真の逃避行のひとときはなかなか
見所がある。由宇を守るため戦う闘真は
禍神の血をなんとか制御しながら戦う。
そんな彼らが目指すのは旧峰島研究所そこは
かつて彼女が捕まった場所でもあった。


そして由宇と闘真の前に立ちはだかるのは
七つの大罪と呼ばれる傭兵部隊だ。彼らは
由宇の頭脳をもってしても理解できない能力
を持っていた。


そしてここにきてLEFTサードの風間もなにかと
愛着が出てきた。いいとこでツッコミを入れて
くれる。そして彼の冷静さがときに彼らを
救うことになる。


そして最後はなんとも切ない終わり方だ・・・
禍神の血を使えない闘真は由宇をどう助ける???


人気blogランキングへ←クリックサンキュゥ♪(o ̄∇ ̄)/
posted by ヨシヒロシ at 16:06| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 電撃文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月19日

9S(ナインエス)〈4〉

9S(ナインエス)〈4〉9S(ナインエス)〈4〉
葉山 透

メディアワークス 2004-08
売り上げランキング : 18,194
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



なんかこのごろseesaaブログ調子が
悪い・・・メンテナンスがよくあり
だびだび更新できないことが多くなった。
私は今まででメンテナンスがこんなに
かかることがなかったのでちょっと
心配になった。まあでもいつものように
更新できるのでよかった。


9S(ナインエス)〈4〉いままでのシリーズ
で一番おもしろかった。そして物語の
中盤を過ぎたって感じでした。


マジシャンに操られる闘真そして由宇と
摩耶は・・・といったところで終わった
3巻ですが4巻はその続きとあって最初から
最後まで禍神の血の謎がついて周り最後に
天国の門という遺産の能力が隠されていた。


でも一番の見所は由宇と摩耶のちょっと
ひと時ですね。由宇がいままで世間離れ
していると思っているがそういう決定的な
場面がなかったがここにきて彼女の奇人
ぶりがでてくる。摩耶のインスタントコーヒー
を飲んだときもすごい感想をしてたが
由宇はそれを越えた。そしてなんか最後には
女の友情が芽生えたような感じがあったな・・・


そして真目家の面子もそれぞれの思惑に
微妙なズレのようなものがあった。不坐と
勝司の間はもう確執が生まれていて摩耶は
闘真のことを最優先に考えている。真目家の
この関係が崩れるときどうなることか??
クレールの出生の秘密も本書で書かれている。
それと不坐の話し方にはちょっと意外だった。
なんかもうちょっと悪者だと思っていたが
残酷だけど憎めないって感じだった。


そうしてこの事件が終わるとやっとこ峰島勇次郎
が動き出します。いままで名前だけがでてくる
だけの人物でしたがついにしっぽをだしたようだ。
まだ本人は登場してないがもうすぐ本人が登場するだろう。


人気blogランキングへ←クリックサンキュゥ♪(o ̄∇ ̄)/



posted by ヨシヒロシ at 14:40| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 電撃文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月18日

BLACK CAT17話「船出する猫」

BLACK CATももう島に行ってしまう。
なんか早い気がするがまあそこは
しょうがない。


そしてナンバー・離轡礇・蝓爾ャ
正体を明かしましたね。というか
トレインが化けの皮をはがしたと
言ったほうが適切な表現だろう。


シャオリーが使っているあの武器って
なんだろう???変装の名人というほうが
印象に残って忘れてしまった。


まあトレインに憧れていたというのには
驚いた。まあありえない話ではないが
なんか意外だった。


他のナンバーズたちもちょこっと出てたが
名前が思い出せない。鉄球使いとナイフ使い
たしかトレインを嫌っていたような原作では・・・


しかし星の使途のドクターはなんかすごい
ことになってますね。原作よりさらにイカレ
具合がすごいです。


話は最初にクロノスに利用されるのが
いやで掃除屋同盟解散の危機になるが
結局、星の使途が攻めてきて化け物を
一緒に退治しているうちに和解までは
いかないが納得したようで島まで直行と
思いきや最後にエキドナが手榴弾で
爆破!!


どういう組み合わせで島に着くのか楽しみ!!


人気blogランキングへ←クリックサンキュゥ♪(o ̄∇ ̄)/
posted by ヨシヒロシ at 18:05| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(10) | BLACK CAT  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月17日

エンジェルハート第18話「親子の絆」

ちょー久しぶりにエンジェルハート
を見た。そしたらすごい懐かしい
奴がいた。


それは香の兄貴の槇村だ。シティーハンター
でもあまり出番はあまりなかったが
からほど印象に残る相棒はいないだろう。


まあ見ていると若干シティーハンターの
ときと違うなとか思ったがパラレルワールド
なのでそんなこと気にしない。


でもこちらのほうがしっくりくる。
香がやさしい看護婦さんだったとは・・・
それにシャンインが子供の姿で
香たちの過去を見ているというのは
やはり子供に見せたかったからか???


ただやっぱりそろそろもっこりと
ハンマーが見たい!!シリアスなのも
いいがやはりコメディータッチのほうが
おもしろいと思う。


人気blogランキングへ←クリックサンキュゥ♪(o ̄∇ ̄)/
posted by ヨシヒロシ at 19:33| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(6) | エンジェル・ハート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

灼眼のシャナ第18話「砕ける願い」

今週、集中講座とかで忙しかった
ためなんか忘れていると思ったが
シャナ見るのを忘れていた・・・
しかも昨日更新しようとしたら
ブログサービスがメンテナンスとかで
使えなかった・・・


ミサゴ祭りついに来た。祭りを前に
悠二とシャナはそれぞれの思惑が
ありどうやら楽しそうだった。


佐藤、田中はマージョリーさんと
ともに旅するために体を鍛えているし
まあそんなことしても吸血剣は使え
ないんだけど・・・


しかしほとんどのキャラが祭りでは
浴衣でしたね。今の祭りに浴衣を
着ている人は珍しいのに・・・


フレイムヘイズの浴衣姿は似合ってたな。
マージョリーさんは佐藤と田中を引き連れ
シャナは千草さんと一緒に祭りに来ていた。
そしてマージョリーさんと一緒にいる田中を
発見するオガちゃん。


そして吉田さんと悠二は一緒にいたが悠二だけ
登場キャラのなかで唯一、制服だった・・・
そして吉田さんも悠二をトーチかどうか調べる
か迷っていたがりんご飴を渡そうとしたとき
悠二がトーチであったと知ってしまいその場を
離れてしまう。


そしてタイミングよくシャナが登場する。同時に
教授登場!!声があってますね。そしてその変化
に気付くフレイムヘイズたちだがいまだに教授たち
を発見できない模様・・・


そして佐藤は悠二に助けられミステスだあるかとが
ばれる。吉田さんにもシャナがフレイムヘイズで
あるということがばれた。


そしてさりげなくオガちゃんが田中に告白したし。
いや〜授業が朝っぱらからあるといろんなこと
忘れてしまいますね・・・


人気blogランキングへ←クリックサンキュゥ♪(o ̄∇ ̄)/
posted by ヨシヒロシ at 13:35| 東京 🌁| Comment(1) | TrackBack(5) | 灼眼のシャナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月15日

アカギ第20話「希望と愚行」

二週ぶりに見るアカギですが
よく分からない状況だった。
また血を吸われたのかな・・・って
思ったが血を戻さないといって
いたからとにかく鷲巣から金を
むしり取っているのかな〜


序盤はアカギが流れにのって
鷲巣の悔しそうな顔が目に入ったが
さすが鷲巣最後の最後でまた
こしゃくな引きを見せます。


アカギは偶然に頼る麻雀をする
というのは分かるがそれだけではなく
その偶然を掴み取ることができる
から強いと思うのですがそれは鷲巣
も同じなのでしょうか???


鷲巣の強さはその引きの強さに
あると思いますがそのことにアカギが
気付いていない筈がないのでアカギ
の鷲巣攻略をはやく見てみたい。


アカギは常人とは比べられないくらいに
集中力がある。そして血を戻すことで
安堵という安心感で集中力を切らすこと
を防ぐために戻さないと考えられていたが
本当にそうなのか疑問である。


そして絶望的な最期っぽくなった終わり
かただがなぜそうなのか理解できない
自分がいやになる。どうしてやばいのか
よく分からない。鷲巣はテンパイしているの
だろうか???


しかし今週は鷲巣の表情がころころ変わって
おもしろかった。

人気blogランキングへ←クリックサンキュゥ♪(o ̄∇ ̄)/
posted by ヨシヒロシ at 17:25| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(6) | アカギ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月14日

9S(ナインエス)〈3〉

9S(ナインエス)〈3〉9S(ナインエス)〈3〉
葉山 透

メディアワークス 2004-05
売り上げランキング : 28,786
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



集中講座がかなりつらい!!
とっても疲れた・・・そして
明日テストがあるらしい・・・
2日しか授業やってないのに
テストかよってツッコミたくなる。


とりあえず新刊のシャナと半月を
最優先に読んでおきたかったので
9Sシリーズを読むのをやめていたが
今日から再開だ!!


なんか三巻目にしてやっとこ真目家と
峰島勇次郎との確執が表面にに出てきた。
天国の門とよばれる遺産が意味するのか
分からないままいいとこで終わって
しまっていた。


闘真がだんだん壊れてきた。徐々に
融合していくといった感じで殺人衝動の
人格がだんだん表に出ているがわかる。


由宇は自分の意思で天国の門を捜しに
いった。そして初めて自由というものを
手に入れて外の世界で行動しているが
あえてその誘惑を手にしない彼女の
気持ちはやはり自分が危険な存在だと
思っているからなのだろうか???


そして闘真、摩耶の父不坐が登場します。
この人物がようやく表舞台に出始めました。
この不坐と勇次郎の間になにがあったかが
今後のストーリーのカギだと思っています。


だんだんと謎が明らかになったと思ったら
また謎が出てきた感じになってもうどうなって
んのと思ってしまう展開だ。近未来のテクノロジー
がだんだんありえね〜神秘といっていいような
感じになってきたとも思った。


人気blogランキングへ←クリックサンキュゥ♪(o ̄∇ ̄)/
posted by ヨシヒロシ at 21:59| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 電撃文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月13日

半分の月がのぼる空〈6〉

半分の月がのぼる空〈6〉半分の月がのぼる空〈6〉
橋本 紡

メディアワークス 2006-02
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



やべーすっごく更新が遅れた〜
fateやってたらいつの間にかこんな
時間に!!う〜んゲームやると
時間がすぐに過ぎてしまう・・・
しかしちゃんと一日一回更新は
かならずやります。


ついについに完結した本作!!!
半分の月がのぼる空ライトノベルの
なかで一番普通の話だがそこには
今までになかったおもしろさが
あった。


5巻でもうすでに完結しているようだが
この6巻があってよかったと思う。
病院から出てようやく里香と祐一が
日常を送るのがやはり彼らにとっての
スタートラインでありゴールでもある
と思う。


なんか矛盾した言い方だが本書で書いて
あったが病院は通り過ぎる場所であって
留まるところではない。そしてそれぞれも
新たな道を歩いていく。司とみゆき、山西
亜希子そして夏目かれらもまたそれぞれ
の道を行くことによって物語が完結だろう。


里香と祐一は伊勢で学校に通い里香が
望んだ日常を謳歌していた。なんでもない
日常だが里香と祐一は普通の人と違って
時間制限がある。普通の人も不測の事態が
あるかもしれないが里香たちはそれ+心臓
の事情がある。


しかし里香と祐一の日常は普通だが幸せそう
でよかった。学校に通える里香は幸せそうだし
そんな里香と学校に行ける祐一も幸せそうだった。



まだ夏に短編集が出るらしいが物語りはここで
完結します。うんいい終わり方だと思う。
やはり後日談みたいな話があって終わったほうが
いいね。エヴァみたいによく分からない
終わり方も確かにいいけどこの物語はこう
終わってほしかったからよかった。


人気blogランキングへ←クリックサンキュゥ♪(o ̄∇ ̄)/
posted by ヨシヒロシ at 22:19| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(7) | 電撃文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月12日

灼眼のシャナ〈12〉

灼眼のシャナ〈12〉灼眼のシャナ〈12〉
高橋 弥七郎

メディアワークス 2006-02
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



今月の電撃文庫の新刊は見たい本が
たくさんあってある意味で大変だ。
なんでも電撃小説大賞受賞作が登場した
っぽくすっごく気になる。


シャナもついに12巻目になりましたか。
本棚をあらためて見るとシャナはかなり
多い。結構シリーズものを買っているが
ここまで続いたのはシャナぐらいかな
買ったなかでは・・・


そして物語はいよいよ終盤になってきた
といった感じか?ついに永遠の二人の
片割れの彩飄フィリスが登場して悠二が
銀の炎を使うことがマージョリーに
ばれたりと激しいバトルシーンがあったりと
久々に熱い戦いがありました。


そしてそのなかで様々な人の想いが交錯
していた。佐藤、田中は自分の無力さに
あらためて気付き、シャナとフィリスどちらも
大切なヴィルヘルミナの心境などそういうところ
にも見所があると思う。


そして悠二もまた大変な立場となっている。
というか最後はどうなったの?って感じで
終わったのですっごい気になる。


まあでもフィリス、シャナと吉田さんどちらも
大切な人のためにがんばっているというのが
伝わります。ヨーハンのため悠二のためどちらも
譲ることはできないようだ。


ただ今だに謎だらけだった零時迷子だが最後には
とんでもないことになります。そして誕生秘話
もあります。前作同様また気になるラストで
終わっています。


しかも次の本は少し時間がかかるとかで
なんとももったいないていうかすっごい
気になる〜って感じで終わってた。


人気blogランキングへ←クリックサンキュゥ♪(o ̄∇ ̄)/


posted by ヨシヒロシ at 15:41| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(5) | 電撃文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月11日

頭がいい人、悪い人の話し方

頭がいい人、悪い人の話し方頭がいい人、悪い人の話し方
樋口 裕一

PHP研究所 2004-06
売り上げランキング : 4,464
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



スキー旅行に行っている間に
この頭がいい人、悪い人の話し方を
読んでみた。すっごい有名な本で
あったので興味はあったがライトノベル
のほうを主力で読書しているので
今まで買うのを渋っていたが思い切って
買ってみた。


この本は読み手にとってはとても
読みやすくなった作りになっています。
まず様々な言い訳を書いていながら
その言い訳自体がどうゆうものかを
書いて周囲はどう反応したらいいか書いて
最後に自分自身が使っているということの
アドバイスを書いていると思います。


なんていうかこういう風に分けて周囲そして
使ってしまっている本人に対して対策とか
書かれていると次に読むとき簡単にアドバイス
が読めるというものです。


しかし言い訳って結構自身には気付かない
ことだけで周りに対して不快にしてるんですね。
どうも言い訳を使ってきたような気がするが
私にはどうも自覚が足りなかったみたいで
この本を読んでいるうちになんかヤバって
感じが多々あった。


まあ私はまだ大学生なので上司とかまだ実感が
ありませんが社会人になるための予習と
いった感じで読めたし、サークルーとか研究室
とかそういう上下関係があるところは
大学生活にもあるのでこの本で得た知識を
実践してみたい。


それともう少し一人一人を観察したい。
そうしてその人がどんな人間なのかとか
分かってしまいそうだ。少なくともこの
本を読んだら人に好かれる人、好かれない人
が分かると思います。言い訳が下手な人は
基本的に自己中だと思います。


最後に言葉にはすっごい力があるもんだな〜
と感じました。以前から思っていたと思うが
言い訳の出来る人は世の中うまく渡っていって
いて言い訳が下手な人が損をしています。
言い訳なんてするのが間違いと思っていたが
ようは使いようってことですよね???


人気blogランキングへ←クリックサンキュゥ♪(o ̄∇ ̄)/
posted by ヨシヒロシ at 22:33| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | ビジネス書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月10日

BLACK CAT16話「まどろむ猫」

昨日の深夜家に帰ってきて
疲れていながら見ましたよ
BLACK CATそしたらびっくり
サヤがでてきたよ。


まあ話自体が蜃気楼みたいな
幻の話みたいだったがサキって
今回の話はアニメオリジナル
ですね。


「仲間」というものについて
トレインが考えて最終的に
スヴェンたちと合流するまで
の話だがトレインが以前とは
考えがまるで違うということが
はっきりと分かる話ですね。


しかしいったいどこまでが幻で
どこまでが現実か分かりません
でしたね。やっぱり最初から
全て幻だったのですかね???


サキの悩みは未来に破滅をもたらす
王子の守護らしく当時は仲間も
いたが徐々に仲間が減っていって
今の状況になったらしい。


そうして同じ考えで王子の命を
守ろうと考えたが仲間たちが
死ぬことになり彼らに対して
負い目があったようだ。


トレインも同様なことを考えて
スヴェンたちと別行動したのですが
仲間というものは信じることに
意味があると悟ったみたいに
あらためて彼らと行動を供に
するようだ。


でもサキはほとんどサヤですね。
仕草とか性格、顔など違うのは
服装ぐらいでしたね。


来週は掃除屋同盟VS星の使途ですかね???


人気blogランキングへ←クリックサンキュゥ♪(o ̄∇ ̄)/
posted by ヨシヒロシ at 19:05| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(13) | BLACK CAT  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

やっと帰ってこれた。

やっとこスキー旅行から
帰ってくることができました。
スキーは転びまくった。


そして飲み会は死んだ。いや〜
あると思っていたがまさかこれほど
とは思ってなかった量を飲んでた。
最終日は二日酔いのまま滑っていました。


そしてすきーの後遺症かいま
かなり筋肉痛です。
しかし今日からまたブログを
更新したいと思います。


とりあえずはじめはBLACK CATの
記事からです。


午後くらいから更新作業を本格的に
再開したいと思います。


人気blogランキングへ←クリックサンキュゥ♪(o ̄∇ ̄)/


posted by ヨシヒロシ at 09:30| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。